2018年05月22日

Lenovo X240: HDDクローニングしてSSDに換装し、少しは快適に

会社支給のPC(Lenovo X240)、エクセル、パワポ、ワードを同時に立ち上げると動作が不安定になったりアプリ切り替え時やIME立ち上げ時に数十秒から数分反応しなくなるなどの貧弱なパフォーマンスに我慢できず、かといって交換機を請求しても同じスペックの新しいマシンしか来ない。問題点はHDDに起因するアクセス速度の遅さにあるのではと考え、HDDをまるごとクローニングしてSSDに換装してしまった。
少なくとも起動は爆速になったのでまあよしとする。投資額はCrucialの500GB SSDとクローニング用のハードウェア(玄人志向のKURO-DACHI/CLONE/U3)の計約1.8万円。

1. X240の分解前に
分解前にBIOSから内蔵バッテリー機能を一時的に殺す必要がある。方法は以下。参考にしたのはこのサイト
  1. ACアダプタを外す
  2. 電源投入直後にF1キーを押してBIOS画面を出す。
  3. CONFIG→POWERと来て、一番下の「Disable built-in battery」のEnterをハイライトし、Enterキーをヒット
  4. YESを選択してEnterキーをヒットすると電源が切れる
これでバッテリーが一時的に殺された状態になり、電源ボタンを押しても起動しなくなる。
元に戻すにはACアダプタをつないで起動するだけ。

2. HDDを取り出し、SSDにクローニング
分解はこちらのサイトやそこからリンクされていたLenovoの保守マニュアルを参照。必要なのはプラスとマイナスの精密ドライバー。マイナスドライバーは隙間に差し込むために用意していたが特になくても分解は可。
クローニングはKURO-DACHI/CLONE/U3にHDDとSSDをセットして電源を入れ、CLONEボタンを4秒ほど長押し。500GBであれば1時間程度で完了。

3. クローニングしたSSDを取り付け、分解したX240を元に戻し、ACアダプタをつないで起動
内蔵バッテリーを殺す設定はACアダプタをつないで起動すると元の設定(内蔵バッテリーを利用する設定)に戻る。アダプタをつながないと電源ボタンを押してもうんともすんとも言わないのでちょっと焦る。

クローニングの時間を含め1時間半程度で作業完了。自宅の2012年モデルのMacBook Proも数年前にSSD換装し、起動爆速で現役稼働中なので、X240も少しは快適になってくれるでしょう。





2018年04月06日

今更ながら『シャンタラム」は読むべき本だと思うので

作者の私小説というか、多少なりとも脚色したところがあるノンフィクションというか、今更ながら読んだ「シャンタラム」(文庫本3冊)は読むべき本だと思うので忘れないように書いておきます。
文庫本3冊とボリュームあるのと、読み出したら一気に読みたくなるので旅行に行くとき3冊持って行って一気読みすることを勧めます。続編のThe Mountain Shadowは未だに翻訳されてないようですが英語の原書読んでみるかな。





posted by K's at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2018年03月22日

車庫証明(自動車保管場所証明申請書、保管場所標章交付申請書)の手書きが面倒

また引っ越しするので車庫証明を準備中。変更しなくても良いのだがいざ売却と言うときに面倒なのでちゃんとやっておく。

で、車庫証明を取得するときの申請書、手書きが面倒なので探したら同じこと考えている方がエクセル作ってくれていた。ベクターあるいは作者の方のサイトからダウンロード可能。ただし東京都バージョンなので他府県では書式が異なる可能性あり。

MacOSのOffice 2011で使うときは印刷ページ設定を縦横とも1ページで印刷に設定すれば問題なし。

ほんと手書きの書類はどんどん追放して欲しい。。






タグ: 手続き
posted by K's at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月07日

「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」(備忘録)

外務省がゴルゴ13を使って中堅・中小企業向けの海外安全対策マニュアル宣伝してると聞いて。
mofag13.png
詳細はこちらから
個人の海外旅行にも役立ちそうな情報があるので私の備忘録として。




タグ:備忘録
posted by K's at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2017年12月20日

Macの連絡先Appを使った年賀状宛名印刷の覚え書き

年に一度のことなので自分の覚え書きとして。

宛名リスト作成
  1. 連絡先App起動
  2. 今回年賀状を送る宛先用として新たなグループを作成(私の場合は「2018年賀状」)
  3. 「季節の挨拶」のグループを選択。このグループは毎年年賀状を送る先としているもので、年賀状を受け取った際に引っ越しの連絡を受けたときの住所変更などのアップデートもしている。
  4. 「季節の挨拶」グループ内すべてのカードを選択し、新たに作った「2018年賀状」グループにコピー
  5. 「2018年賀状」グループを選択し、そのなかのカードから喪中はがきが来ている人を「編集」メニューの「グループから取り除く」でグループから取り除く。
これで2018年年賀状用の宛名リストが完成。

宛名印刷
  1. 連絡先Appの「ファイル」メニューから「プリント」
  2. このあたりのサイトを参考に、印刷用の設定をする
  3. スタイルは「封筒」を選択。
  4. その下の「レイアウト」で印字位置を指定する。設定した印字位置が左のプレビューに黒枠で表示される。私の場合は以下スクショの通り、上48mm、幅70mm、左28mm、高さ40mmで設定。差出人住所は私製はがきに印刷済みなのでノーケア。年賀状印刷1.png
  5. 次に「ラベル」で住所の印刷方法等を指定。勤務先、自宅と複数の住所を登録している人がいる場合、デフォルトの「すべて」を選ぶと両方の宛先が印刷されてしまうので、私は「自宅」を選択。年賀状印刷2.png
  6. 最後に「プリセット」で「現状の設定をプリセットとして保存」から「年賀状」とでも名前をつけたプリセットにして保存しておく。来年以降はこのプリセットを選択すれば上記の設定がそのまま印刷されるはず。。

私製年賀状に印刷した結果は以下に。
年賀の横のグレー部分が印刷された宛名になります。
CCI20171220_2.png

印刷すると真っ黒な背景になってしまうときは以前の関連記事を。







posted by K's at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac/iPhone/iPad