2017年06月18日

パリからバターを持ち帰る

2泊4日のとんぼ返りのフランス出張。フランス産バターが好きなので、現地で調達できる梱包手段でバターを持ち帰る実験をしてみました。購入から自宅到着まで約18時間、バターは多少柔らかくはなっていたものの、形が崩れることも溶けることなく無事に持ち帰りできました。

買ったバター
朝、日本からの一仕事片付けて9時過ぎにギャラリー・ラファイエットのメゾン&グルメ館へ。バターは地下1階のチーズコーナーの隣にあります。粗塩入りバターのSel de Mer (125g/€1.18)とPamplieの無塩バター(125g/€1.3)と同じフロアの日用品コーナーでジップロック(12枚入り/€2.0)を購入。
DSCF7040.JPGDSCF7037.JPG

梱包方法
買ったバターをそれぞれジップロックにいれ封をします。次にそれをホテルが無料で部屋に入れておいてくれた日経新聞をくしゃくしゃにしてで(新聞紙は保温効果が高い)、さらにその上からギャラリー・ラファイエットの買い物袋で包みます。これをスーツケースにしまいました。バターの周りは万が一バターが溶けたときに被害の少ないもの(洗濯物を入れた布袋)で囲みました。多少の保温効果も期待して。
DSCF7039.JPGDSCF7038.JPG

買い物1時間後のフランス時間10:30(日本時間17:30)にホテルを出発。今年のフランスは東京より暑く、滞在最終日の気温は30度!、12時前にシャルル・ドゴール空港(CDG)に到着し、チェックインしてスーツケースを預けます。ここで飛行機に積み込まれるまで炎天下にさらされなければ、日本までの12時間のフライト中は低温の貨物室なので大丈夫なはずです。フライトは定刻より20分ほど遅れ13:50頃CDGを発ち、成田には定刻の翌日8:20に到着、入国手続きなどを経て自宅に着いたのが10:30頃、18時間あまりを無事に耐えてバターを持ち帰ることができました。

本気で持ち帰るには、検索すればいろいろな方法が紹介されており、保冷剤や冷えピタ、保冷バッグを持参するなどするとよりよいのかもしれませんが、現地調達できるものだけでも持ち帰りは可能なので、興味を持たれた方はどうぞ。バターは液体物扱いなので機内持ち込みには規制がありますのでご注意下さい。

なお、個人で持ち込んだ食品の安全性等については責を負いかねます。自己責任でどうぞ。




posted by K's at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2017年05月11日

予定通り1年で壊れたUP by Jawbone:活動量計4つめ

昨年書いたこの記事で予想していましたが、Up by Jawboneは1年後、充電や同期がおかしくなり、その数日後見事に使えなくなりました。

Fuelband、Misfit Shine、そしてUP by Jawboneと壊れるたびに買い換えてみましたがそれぞれ寿命としては1年ちょっと。活動量計は消耗品と考え、新規性を話題にしたい人以外はたたき売りされている旧モデルを買うのが賢明かと思います。

じゃあ、買わなきゃ良いじゃん、という考えもありますが、この手の機材は一度使い始めると抜けられなくなる性分なので(笑)、またしてもアマゾンでたたき売りされていた同じUP by Jawboneの黒を購入。今回はMサイズがたたき売りされていなかったのでやむを得ずLサイズを購入。




4年放置されていたと思われるだけあって、電池がへたっているのか電池消耗が激しく使い始め当初は2−3日に一度充電が必要なペースであったこと、これまでMサイズを利用していた私には少々大きく、激しい動きをするときには所在が少々気になります。ま、2,000円台で購入できたので文句は言わず、いつまで持つか生暖かく見つめて報告したいと思います。1年後は何を使っているのでしょうかね。


新旧のUpサイズ比較
IMG_0556.JPG




タグ:UP by Jawbone
posted by K's at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2017年03月31日

都度利用で使えるスポーツクラブを探して

週に一度くらいのペースでスポーツクラブに通っているが毎週行ける月が必ずしもあるわけではないため、基本的には会員にならず勤務先の法人会員制度の都度利用で通っていた。ただし、勤務先の制度が不安定で今通っているクラブを利用し続けられるか不安があり、転職する可能性も考えると法人契約に頼らず都度利用ができる施設・方法を探した備忘録として。情報は2017年4月時点のもの。

1)現在住んでいるマンション(賃貸)管理会社が提供しているサービスを使う
えらべるクラブ」というサービスが私の住んでいるマンションでは住民に提供されている。そこにスポーツクラブのメニューもあり、セントラルスポーツ、ゴールドジム、スポーツクラブNAS、メガロスなどが利用可能。
 セントラルスポーツの場合は専用サイトから利用券(毎年4月から翌年3月末まで有効)を1,620円(税、送料込)で購入し、施設で利用する都度料金を払う。今まで勤務先の同様の利用券を使ってきたので、このマンションに住んでいる限りこれを使えばこれまで通っていたところにも続けていけるのでまずはこれを第1候補としようとしたが、利用券は1枚1,620円、さらに施設で払う利用料(ゴールドジムイースト東京では1,080円)がかかり、結局ゴールドジムのビジター利用(2,700円)と料金変わらない結果となり、ゴールドジムを使うならもう一つあるゴールドジムの都度利用メニュー(1回1,972円)が選択肢となる。

2)セゾンカードアメックスゴールドに入る
カードの年会費1万円(税別)かかるが、コナミスポーツクラブを法人料金で利用できる。都度会員の利用料は都心部や郊外の大規模施設の多くが当てはまるカテゴリーIII、IVで税込1回1,836円または2,160円と通常の都度会員より若干安い(都度会員同様初回のみ会員発行手数料税別1,000円必要)。
また、コナミスポーツクラブ以外にもゴールドジムなどの提携施設を利用することもできる。コナミスポーツの情報ダイヤルで確認したところ、ゴールドジムは「気軽に都度利用(A)」の料金で都度利用可能とのことで、たとえばイースト東京であれば税込1,836円で利用可能。ゴールドカードの付帯サービスも使えること考えるといいかもしれない。

3)クラブのビジター(有料)または無料体験券を使う
ビジターあるいは都度会員制度があるクラブも探せばあるが、全国展開しているのだとゴールドジムやコナミスポーツクラブくらい
・ゴールドジム 1回5時間までの利用で2,500円(税別、イースト東京の場合。場所により違いがある模様)
コナミスポーツクラブ カテゴリーIII、IVの施設で1回2,160円〜2,376円(税込)、初回のみ会員発行手数料税別1,000円必要
探せばそのほかにもあるのだろうが。
 ゴールドジムはこちらの方法で入会資料を請求すると無料体験券を入手可能とのこと。
 ゴールドジムやコナミスポーツクラブでは月4回会員もあるので平均して月3日は行くのであれば、月4回利用会員のほうが都度利用よりメリットがあるかもしれません。

法人契約がいいのは、会社によっては社員の健康増進のために利用料に補助をつけるため、都度支払う料金が安くなることもあること。以前の勤務先では健保組合が提供するセントラルの法人契約サービスを使っていたのだが、健保組合から半額補助が出て1,500円の施設で本人負担は750円(税別)だったので、暇なときは普通の会員以上のペースで通っていたこともありました。





posted by K's at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康