2016年08月17日

So-netのキャッシュバックは受取期限過ぎてもあきらめるな

so-netの光コラボ等に申し込んだ場合申し込みから11ヶ月経過するとキャッシュバックがあります。期限を経過して受け取り損ねた場合は直ぐサポート窓口に連絡し、受取期限の延長を交渉しましょう。

私は7月末が受取期限で、気がついたのが8月16日、グーグル先生によれば同じような経験者がサポート窓口に連絡して受け取りを延長してもらい、無事受け取れたという書き込みを多く見たのでサポート窓口にメールしてチャレンジしたところ、あっさりと受取期限の延長をしてくれました。おかげで9月の連休の旅費が捻出できました。

so-netのキャッシュバックを期限切れで受け取れてない方、即サポート窓口に連絡を取り期限延長を交渉しましょう!

この受取方法がそもそもユーザーアンフレンドリー。
1)受け取り開始日は「申込日」から11ヶ月目(開通日ではない)。。私の場合申し込みは7月下旬、開通は9月
2)受取期限は1)から45日以内
3)受け取り開始日の通知はso-netのメアドにしかとどかない

今時プロバイダアドレスを使う人はあまりいないと思うので、so-netのキャッシュバック対象になった方は、申込日から11ヶ月目をカレンダーに入れてリマインドさせる、so-netのアドレス宛のメールを転送設定するかgmailで取るなど、連絡手段を確保手段を確保しておいた方が良いと思います。






2016年08月02日

GPIFの全ポートフォリオリスト(見つけにくいので直リンク)

我々の年金資産を運用している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が保有ポートフォリオの一覧の公開を開始したとのことでみにいったのですが、これが非常に見つけにくい。せめてトップページにショートカットくらい作るべきかと。
こちらのブログの情報でようやくみつけたので私のブログからも直リンクを作ってしまおうと思います。

以下のURL開くと以下スクリーンショットの画面になり、赤枠で囲んだ「保有全銘柄について」というエクセルファイルがそれです(PDFファイルと書かれているのが何でもPDFにすりゃいいと思っている官庁っぽい。。)。国内債券、海外債券、国内株式、海外株式とそれぞれのシートがあり、株式では銘柄名、保有数、時価が記載されています。

GPIF

ついでにエクセルファイルへの直リンク

英語版はこちら/Link to English version of GPIF's portfolio list (Excel file) as of March 2015.

2016年3月時点のリストは今年の11月公表、来年以降は毎年7月に3月末時点のリストを公表するそうです。








タグ:GPIF
posted by K's at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際

2016年07月28日

粟国島メモ

DSCF6761.jpg

粟国島にようやく行くことができました。
ただし、昨年同様台風にたたられ、かろうじて1泊3ダイブ(到着日2ダイブ、出発日1ダイブ)で、翌日には那覇にとんぼ返りと慌ただしかったです。とはいえ、ギンガメアジのトルネードとイソマグロの乱舞にも遭遇できたのでまあよしとします。

到着してすぐダイビングするなら昼飯は準備しておこう
粟国フェリーで到着後すぐにダイビングするなら、昼飯はフェリーに乗る前に調達しておいた方がいい。

粟国島の売店、缶ビールは350mlしかおいてない。
500mlじゃないと足りないという人はフェリーに乗る前に那覇で買って持って行こう。350mlしかおいてない理由は「暑くてすぐぬるくなるから」ってことだからとか(笑)

粟国フェリーは台風に弱い
粟国島の生命線でもありほぼ唯一の交通手段である村営の粟国フェリー。台風が近づくと粟国行きは非常に難しくなる。那覇からの航路の波浪状態に加え粟国港内にうねりが入りやすく、安定して停泊できないため、粟国発を繰り上げ出港となる、そしてその後海況がさらに悪化すれば数日間欠航となる。
また、定刻通りに就航するときは朝7時半に島内放送が流れるが、時刻が変わったりする場合は放送が流れない。普通これ逆じゃないか?と思うけど。。

なお、期間限定でヘリコプターを使った相乗りサービスが運行中。税金で補助が出ていてヘリコプター1機(最大5人まで搭乗可)片道108,000円のところを21,600円、5人で乗れば一人4,320円で利用可能。詳しくは粟国村公式サイトでどうぞ。

DSCF6771.jpg

海に囲まれているけど。。。
漁師がほとんどいないため、宿で島の鮮魚を食べたいという期待にはあまり応えられない。宿によっては宿の方が直接取ってきたり数少ない漁師から買い付けたりして島周辺の鮮魚を出してくれるところもあるようですが。

以上粟国島に関するメモでした。





aguni1.jpg







aguni2.jpg
タグ:沖縄 粟国島
posted by K's at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄