2015年07月31日

H3-3Dジンバルの改造

Phantom2のH3-3DジンバルからGoProに給電するにはGoProのUSB端子にジンバルから伸びているコネクターをつなぐのですが、これが気がつくとジンバルからのリボンケーブルがコネクターの端子から抜けていて、気がついたらGoProの電池空っぽで撮影できてない、なんてことがあるわけです。

Pict0011

H3-3Dジンバル初期型はこんな野暮なコネクターじゃなかったそうですが、何らかの理由でこの野暮なコネクターに変更されてしまった様です。探せばあるもので初期型のコネクターに変更できるパーツをAliexpress(リンク先はパーツ発注先)で探してぽち。パーツの名称は「DJI H3-3D 3 Axis Gimbal Upgrade Back-insert AV Output Part with screws」なるもので、送料込みでUS$11.7。ポチッとしてから10日ほどで届きました。

届いたパーツはこれ

Pict0016

取付方法ですが、まずはH3-3Dという文字のあるシールをはがし、マイクロUSB端子につながっているリボンケーブルを引っこ抜きます。また、上下のネジを緩めて、GoProを取り付ける側に着いているカウンターウェイトを外します(これは後から使います)。

Pict0012

こんな感じになります。

Pict0015

このカウンターウェイトを取り外したところに届いたパーツをはめ込むわけですが、パーツの四隅がジンバルと干渉するので適宜ニッパー等で干渉する部分を切り、ツライチになることを確認してからはめ込み、リボンケーブルを接続します。この段階で一度仮止めしてGoProを取付、Phantom2本体の電源を入れて、GoProに給電されることを確認した方が良いかもしれません。

Pict0017

その後、この上にH3-3Dのシールを貼り、カウンターウェイトを取り付けます。

Pict0018

GoProを取り付けて完成です。

Pict0019

Pict0021

唯一の問題点は、これをつけたらリモコンのジンバル操作がReverseモードになってしまったこと位か。⇨これは後日母艦のMacを交換し新たにインストールしたアシスタントソフトで設定したらなぜか直りました。

タグ:GoPro PHANTOM2
posted by K's at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Phantom2

2015年07月26日

Phantom2 RCでFirmwareのアップデートが失敗したとき

Phantom2 RC Assistantをつかってリモコン側のファームウェアのアップデート、あるいは動作がおかしい場合に上書きインストールしている最中に、理由不明ですが失敗してリモコンのスイッチを入れてもLEDが点灯しないことがあります。

この状態になると、リモコンの電源スイッチをONにしてもLEDが点灯せず、また、Phantom2 RC Assistantの下の方にLoader modeという表示が赤い文字で現れます。

これはどうやらアップデートの失敗ということのようです。対処方法としては、

1)RC Assistantを終了しゴミ箱に捨てる。

2)RC Assistantを再度インストールする(このためRC AssistantのdmgファイルはMacに残しておくといい)

3)いったんリモコンのスイッチを切り、またスイッチを入れる(ただし、電源ランプはつかない)

4)RC Assistantを起動し、再度ファームウェアのアップデートを行う

5)アップデート完了後、電源を切り再度電源を入れる。

これでリモコンの電源が入ればOKです。

タグ:PHANTOM2
posted by K's at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Phantom2

2015年07月11日

Phantom2 抗干渉補強板のコンデンサがとれていたので修理/Replacing capacitor on H3-3D Anti-interference Reinforcement Board

Phantom2のリモコンのS1スイッチ修理ついでにPhantom2本体もばらして点検したところ、H3-3Dジンバル用抗干渉補強板(H3-3D Anti-interference Reinforcement Board)の電解コンデンサの片側の端子が外れてぶらぶらしていたのを発見。

元は25V 150μFのコンデンサがついていましたが、同じ規格の電解コンデンサは秋葉原の部品屋数軒回ってもなかったので、若干容量の大きい220μFを購入し、ぶらぶらしていたコンデンサを取り外して交換。

どうやら数ヶ月前の電池切れ墜落時の衝撃で片側の端子が切れて接触不良状態になっていた模様。そのとき以来、映像に微妙なぶれが生じていた原因もこれに起因するものかと思われ、コンデンサ交換後は解消しました。

元の抗干渉補強板の写真(セキドオンラインショップから拝借)

Original H3-3D Anti-interference Reinforcement Board with 25v-150μF chemical capacitor.
76174412

コンデンサ交換後の写真

H3-3D Anti-interference Reinforcement Board with 25v-220μF chemical capacitor.

Antiinter メンテナンスを考え見てくれは悪いがジンバルの後ろに装着。

で、この補強板の効果は何かと思い、つける前とつけた後の映像を撮ってみました。つけないと揺れが激しく見ていられない映像です。。

抗干渉補強板のコンデンサ有り・無しでの映像の比較

Comparison of movies: With the board and without the board

タグ:PHANTOM2
posted by K's at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Phantom2

2015年07月10日

iMovieで二画面並べて比較できる映像(サイドバイサイド)を作る方法

これも時々忘れるので備忘。
ポイントは並べたい映像をちょいと重ねないと1「ビデオオーバーレイボタン」が出現しないこと。

http://jammer.jp/?p=969

アップルのサポートに出ている情報ではよくわかりません。。また、ここである「高度な設定」はiMovie (version 10.0.9)には設定画面すらありません。。

https://support.apple.com/ja-jp/HT202954

タグ:Mac iMovie
posted by K's at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac/iPhone/iPad

(備忘)MacでDVD-Rなどに焼く方法

時々使おうとしてやり方を忘れているので備忘録として。

・Finder → ファイル → 新規ディスク作成フォルダ を作り、そこに焼きたいファイルを置く(実際にはエイリアスが置かれる)。

・空メディアを入れて、マウントされたディスクアイコンを開き、その中にファイルを移動する(焼きたいファイルが1つの時はこれが楽)

両方ともフォルダもしくはディスクアイコンを開いて、右上の「ディスクを作成」をクリックすればOK。

出典:

MacでCD/DVD/Blu-rayディスクにデータを書き込む方法|Mac

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/170/170187/

タグ:Mac
posted by K's at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac/iPhone/iPad

2015年07月08日

Phantom2 リモコンのS1スイッチの修理/Phantom2 Remote Controller S1 switch repair

Phantom2のリモコン右上のS1スイッチがポキッと折れましたので修理しました。

こんな感じになりました。左にあるのは折れたつまみ/Broken S1 switch

Brokens1

Phantom2 S1 switch broken等でグーグル先生に聞いてみますと、どうやら単極双投3ポジショントグルスイッチという汎用的なスイッチの様子。秋葉原で調達できそうです。

The broken switch can be replaced by 3 positions single-pole, double-throw toggle switch (on-off-on), which is commonly available electronic parts.

早速秋葉原の駅前ガード下の部品屋にて調達。NKKスイッチズの製品でした。1個税込み226円。念のため2個買いました。写真、右の青いのが新たに購入したスイッチ(ワッシャやナットがついています)、左の赤いのが壊れたスイッチです。

Pict0007Left (Red): Broken Switch  |  Right (Blue): Newly Purchased Switch

Switchup 壊れたスイッチに比べ短辺方向に厚みがあります。

リモコンを分解します。

分解は裏側4カ所のネジを外し、マイクロUSBがついている方を少し開いてから、ゆっくりと引き出すとアンテナを止めている輪っかのところも外れます。スティックやスイッチがついている側の基盤のコネクタから、マイクロUSBと電池に行っているコネクタがついているので注意し、裏蓋をずらしたら、この2つのコネクタを外してから、裏蓋を完全に外します。

Bunkai1

上の写真はマイクロUSBコネクタを基盤から外した状態。壊れたS1スイッチは左上。

Disassemble the remote controller. To disassemble the remote controller, loosen four black screws in the back of the remote controller, then, slowly pull the back parts of the remote controller to release it from antenna.

Pict0001 壊れたS1スイッチを裏から。配線は上から茶、赤、オレンジ / See broken S1 Switch from inside. Wiring color to the switch from top: Brown, Red, Orange

ひっくり返して元のスイッチの配線色を記録しておいてから、配線を切り離し、壊れたスイッチを外します。壊れたスイッチはリモコン表側から大きめのマイナスドライバーなどでスイッチを止めている飾りネジを緩めると外れます(一番上のアップ写真参照)

そして、買ってきたスイッチをまず合わせます。元のスイッチより若干短辺部の幅が広いため、そのままではリモコンの表側にねじ山が出てこず固定できないので少し削ります。ねじ山が表に出てくることを確認したら、元のスイッチの配線と同様に配線を半田付けします。

Newsw新しいスイッチに交換(裏側から)。若干蓋側を削りました。

New switch installed. You need to cut some parts inside to fix the new switch to the remote controller.

Newsw2 表側から。以前のスイッチのネジが使えないため、買ってきたスイッチについていたナットで止め、念のため緩み止めを塗布しておきます。 Fix the new switch with the nut included in the new switch.

裏蓋側のマイクロUSBコネクタ、電池からのコネクタを基盤に差し込み、ネジを止めずに裏蓋を仮止めしてリモコンが正常に動作することを確認した後、ネジを止めます。

タグ:PHANTOM2
posted by K's at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Phantom2