2016年01月27日

南部アフリカ4カ国の旅:ザンビアからボツワナへ、その他

ザンビアのLivingstoneからはボツワナのChobeに移動しました。宿のChobe Game Lodgeまでは車と船を乗り継ぎ、出入国手続きを含め2時間程度かかりました。
 9:30頃にRoyal Livingstoneを出発し、まずはLivingstoneから国境かつ渡船場になっているKazungulaまで車で移動し、出国手続。手続はドライバーが代行してくれました。そして船に乗り換え、ザンビア側のドライバーとはここでお別れ。船は10人乗りくらいでしたが、乗ったのは私たちだけ。船には2人のスタッフがいて、1人が操船担当、もう1人がボツワナ側のドライバーという役割分担。数分で川を越え、ボツワナに。そしてまた車に乗り、イミグレで入国手続。このあたりもドライバーがアシストしてくれました(滞在予定日数と出国場所を伝えるのを忘れずに)。ちなみにボツワナに渡ったら、車は幌の屋根とフロントグラスのみのサファリ仕様だったのは少々びっくり。日焼け対策を忘れずに。そしてChobe国立公園のゲートをくぐり、さらに2〜30分かけて昼前にChobe Game Lodgeに到着しました。

Kazungula
ザンビアとボツワナ国境のカズングラ

道の状況:幹線道路はザンビア、ボツワナとも日本の地方国道程度に舗装されていて路面はスムーズでしたが、幹線道路を外れるとでこぼこが多かったです。今回、リビングストンからKazungulaまで、幹線道路のM10はスムーズでしたが、幹線道路を外れKazungulaの港までの数キロがでこぼこ道でした。Chobe公園内は無舗装。


ボツワナ・カサネ周辺の道。車は日産パトロールの改造車
ボツワナ・カサネ周辺の道

ビクトリア・フォールズとリビングストンの治安状況など
 ホテル内およびビクトリアの滝内は普通に気を配っていれば問題はなかったです。滝周辺で観光客同士の写真撮影のお願いは普通にやっていました。ザンビアージンバブエの国境の道路とビクトリア・ブリッジの上には物売りが何人かいてしつこく寄ってくるので少々うざかったです。よくある木彫りの動物だけではなく、ハイパーインフレのため現在は全く価値のなくなった200万ジンバブエドルの新札をお土産に売りつけてくる輩もいます(笑)
 また、旅行者向けのある種の業者間公定価格の様なものがある感じで、ロイヤル・リビングストンから国境までのタクシーはUS$10といった感じで決まっているようです。

マラリア対策
 ビクトリア・フォールズ周辺はマラリアを媒介するハマダラカが生息しているとのことで、虫除けは必須。マラリア予防薬を服用していくことも考えましたが費用対効果など考えて私たちは虫除けと服装で対処することにしました。旅には、蚊取り線香と携帯用の線香皿、電池式の虫除け、インコグニートという天然成分を使い、虫除けの主成分であるDeetsを使った虫除けより効果があるという虫除け剤を持参しました。外出時は虫除け剤と相方は電池式の虫除けをつけ、また、食事の時などは必ず線香皿を足下に置き、適宜ホテルの部屋にあった虫除けも使っていたので、幸い蚊に刺されることはありませんでした。なお、ロイヤル・リビングストンも次に泊まったチョベ・ゲームロッジも部屋には虫除けスプレーが常備してありました。

ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ、南アフリカの出入国スタンプ
ボツワナのKasane空港の出国スタンプは"Our pride, Your destination"というキャッチフレーズとともに堅苦しさ無くて良いですね。
ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ、南アフリカの出入国スタンプ




posted by K's at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2016年01月23日

食洗機と専用洗剤の相性

取り付けて4ヶ月ほどたった我が家の食洗機(リンナイ RKW-404C)、先週末に本体下部から泡が漏れてくるという不具合でエラーが出て使えなくなり、リンナイのサービスを呼んで点検してもらいました。
点検の結果、本体の水漏れ、据え付け工事に起因する水漏れ等はなく、原因は泡が立ちすぎてその泡がセンサーの上を越えて漏れてくると。
食洗機専用と謳われているライオンの食洗機専用洗剤の「チャーミー・クリスタ」を使っていたのですが、点検時これを使うと泡が立ちすぎて漏れてきました。一方、食洗機に試供品として付属していたフィニッシュシリーズを使ったところ全く問題なしと。ということで、フィニッシュの利用を勧められて一件落着(ただ、クリスタも「チャーミー・シリーズ」としてリンナイの指定品の一つではあるのだが。。)

調べてみると、クリスタは界面活性剤の含有率が5%と高く、リンナイの指定製品の中でも最も高い。
ウエブサイトやパッケージを見る限り、以下のとおりでした。
花王(キュキュット クエン酸効果):3%
レキットベンキーザー・ジャパン フィニッシュシリーズ:1%
ライオン(チャーミー・クリスタ):5%
P&G ジョイシリーズ:不明
サラヤ エコウォッシュシリーズ:廃番なのかメーカーサイトにも見当たらず

界面活性剤の含有率が問題なのかどうかは検証必要ですが、一つの目安にしても良いかと。

たまたま近所のシマホにあった「クリスタ」を4ヶ月間何も問題なく使ってきたのですが、先週突然発生したこの問題もあり、以後はフィニッシュを買うこととします。問題はフィニッシュシリーズを置いている店が少ないことで、拙宅近隣のドラッグストア3軒中、おいてあるのは1軒のみで、店頭のシェアはクリスタとキュキュットが強いです。




続きを読む

2016年01月22日

A5カブリオレ:タイヤ

A5カブリオレの純正装着タイヤはピレリのCINTURATO P7、サイズは245/40 R18。
距離は走ってないけど初度登録から5年目になり、割とロードノイズも気になるので、2016年末迄くらいにはDunlopのLe Mans4かVuelo 303に交換しようと考えています。ホイールは15本スポークなのでまじめに洗おうとするとちょいと面倒です。

A5カブリオレのタイヤ




posted by K's at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 車:Audi A5 Cabriolet

2016年01月19日

公権力が強制しないと変わらないこの国

月曜日の東京周辺の積雪、公共交通機関の障害による通勤通学困難があちこちで発生しました。センター試験にかからなかったのが不幸中の幸いでもあり、一方でまたこうしたときの対応を考えるきっかけを失ったかもしれません。

私は普段使っている路線が障害に強いのもあり嘗めていましたが、今回は駅に着く数10メートル前から人だかりが見え、寒い中待つよりいったん家で在宅仕事してから出社しようと速攻で家に戻り、数時間後に会社に向かいました。

で、こちらのブログでも書かれているけど、もうこの際公権力が何らかの形で教育機関や企業に休業もしくは時差出勤を強制してはどうかと。年に数回でもこういうことになれておけば災害時にも応用可能だと思います。残念ながらこの国は任せていたら変わる国ではなく、誰かから強制されないと変わらない国なので、強制措置でもして行動パターンを変えていくしかないです。





posted by K's at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2016年01月17日

南部アフリカ4カ国の旅:ヘリコプターによるビクトリア・フォールズ見物

せっかくなのでヘリコプターからもビクトリア・フォールズを見ました。
ザンビアではUnited Air Charterという会社がヘリツアーを運航しています。

時間とルートによって3つくらいのコースがありますが、私たちは18〜20分の滝と滝の下流エリアのフライトのコースを選び、料金は一人US$230相当額(請求は現地通貨のザンビアクワチャで一人あたり2,585ザンビアクワチャ)。ヘリコプターはパイロット、乗客4人の計5人乗り、席は先着順で、前席右にパイロット、左に乗客1名、後席は乗客3名ですが真ん中の席になっても首を振れば左右を見れるのと正面の眺めを独占できるので特に問題はないです。
 ヘリポートはホテルから送迎車で5分くらい。簡単なブリーフィングの後に搭乗します。パイロットや他の乗客とはインカムを通じて話すことができます。ヘリは離陸後、地元部族の集落上空を通過してから滝の下流部の渓谷をフライバイし、それから滝の上空を回る予定でしたが、渓谷をフライバイして滝の上空に向かったところ、滝に雨雲がかかり滝が見えなくなる事態が。
 結局雨雲が移動するまでいったんヘリポートに戻り待機し、雨雲が移動した後、再び離陸して滝の上空に向かい滝の上空を4回程度、左右どちらも見える様に旋回、その後、サービスで滝の上流の象の群れがいる中州の上をフライバイをしてヘリポートに戻りました。雨のおかげでおそらく実際にヘリに乗っていたのは30分くらいになり、通常この時間のコースでは行かない上流の中州にも行けたことで、同乗のスペイン人カップルと「俺たちラッキーだったね」と(笑)
 ヘリツアーは前日にホテルのトラベルデスクで手配し、料金はホテルの部屋付けにしてもらいました。







posted by K's at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域