2021年01月31日

Davinci Resolve Speed Editorのバッテリー容量を知る


在宅&外出自粛生活が続く中で、新しいおもちゃを見つけると興味を持ってしまいがち。

今まで映像編集にはiMovieを使っていたのですが、Davinci Resolve Speed EditorというのがDavinci Resolve Studioのソフト付で安価に出ていて話題になっていることから、一番安かったこちらからポチッとしてしまいました。

小寺さんのサイトの動画を見ながら過去の海の映像の編集をやってみましたが、JOGダイヤルとキーボードでちゃっちゃと絵を選択してつないでいけるのは確かに速いし、JOGで絵を探していく中でこんな絵も撮っていたかとの気づきもあり、なかなか楽しいです。

Speed Editor、初めて使うときは付属のUSB-CケーブルでMacBook Airに接続が必要ですが、以後はDavinci Resolveを起動するとBluetoothでつながり、JOGキーのLEDが点灯します。Davinci Resolveを立ち上げてもSpeed Editorが認識されない時は、MacのメニューバーのBluetoothアイコンをタップし、デバイスリストから「Davinci Keyboard」を選択すると認識されます。

また、バッテリーはUSB-Cケーブル経由で充電し、容量はSpeed Editorが認識されている状態でDavinci Resolveの環境設定>コントロールパネルを開くとSpeed Editorというのが一番下に表示されるので、そこから残量を確認可能です。

speededitor_battery.jpg

動画ファイルをため込んである、15インチのMacBook Pro (Mid 2012) でも使ってみたいのですが、こちらではキーボードは認識されるものの、今のところうまくいってないので、そのうちできたらまた書いてみようと思います→これ、有線接続(USB-Cオスーオスケーブルで片側はUSB-CからAへのアダプタをつけるか、USB-Cオス-USB-Aオスケーブルでつなぐ)するとSpeed Editorを利用できることは確認できましたが、Bluetoothは駄目でした。また、当然ですがM1 MacBook Airから比べると動作が遅いので実用的ではない。

自分のメモとして使い方が旨くまとめてあるサイトを備忘に

ページ後半の「Speed Editorの操作方法」に各キーの機能がよくまとめてあります。

編集用キーボードの機能紹介で前半がSpeed Editorの機能説明




2021年01月08日

でんき予報をみる


コロナ禍ですっかり忘れられているが、東日本大震災後の民主党政権の根拠なき感情的な決定と、その後の自民党政権の決断先送り放置プレイにより、我が国の電力供給は正直綱渡り状態です。コロナ禍でのStay at homeも在宅ワークも安定した電力供給が不可欠です。

気になってTEPCOのでんき予報、MacOSやiOSのSafariやChromeでアクセスした際、一瞬表示されるもすぐに消えてしまうときがあり(2021年1月8日時点)別のソースはないかと探したところ、電力広域的運営推進機関(なんかに出てきそうな名前だ、略称はOCCTO)のサイトでTEPCOだけではなく全国の需給予想などが確認できることを発見したので使い方のメモ。

1. 上記リンク先またはこちらから直接「トップ > 系統情報サービス・でんき予報」のページに行き、「系統情報サービス」のリンクをクリック
occto1.jpg


2. 以下の画面が現れるので「需給関連情報」をクリック。なお、ここへの画面遷移時「お知らせ」の画面がポップアップされるが、ブラウザによっては許可しない限り表示されない。
occto2.jpg

3. 画面遷移後、右側にある「電力使用状況(でんき予報)」をクリック
occto3.jpg


4. 以下の画面がポップアップで現れる。
occto4.jpg


今日も豪雪で停電などが続いている地域があります。電力などのインフラの安定供給と設備のメンテナンス、そして災害対応に尽力いただいている皆様に感謝申し上げます。

タグ:でんき予報
posted by K's at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際

2021年01月03日

Chromecastでデスクトップ共有ができないときにすること

Mac OS環境(この記事を書いている時点での私の環境はmacOS 11.1 Big Sur)でChromecastを使ってChromeのタブの共有やファイルの共有はできるが、Castのソースとしてデスクトップを選択したときに「画面をキャストできません」という表示が出てデスクトップをキャストできないときに確認すべきことは以下です。

security3.jpg
Chromeには「[システム環境設定]で画面収録が許可されているか確認して下さい」とのダイアログが出ます。Chromeに「画面収録」を許可する設定は以下で変更でき、Chromecastでデスクトップの共有が可能になります。

1. 「アップルメニュー」の「システム環境設定」から「セキュリティとプライバシー」を開く
2. 左の項目をスクロールし「画面収録」をクリックして選択。
3. 左下の鍵アイコンをクリックし、パスワードかTouch IDをクリックして設定変更できるようにする。
security1.jpg

4. 画面下部真ん中あたりの+キーをクリックし、アプリケーションの選択画面が出るので、Gooogle Chromeを選択しリストに追加する
security2.jpg

5. 左下の鍵アイコンをクリックし、その後設定画面を閉じる
これでGoogle Chromeを再起動後、キャストのソースからデスクトップを選択するとデスクトップがキャストできるようになります。
posted by K's at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac/iPhone/iPad