2022年06月15日

GoProをしばらく使わないときのバッテリー過放電対策

GoPro HERO7を持っていますがGoProは毎日のように使うものでもないので、使用後、バッテリーを90%程度まで充電し、その後GoProからバッテリーを外して保管するようにしています。

これは電源を切っても電池消耗が激しく、満充電したバッテリーを入れても1週間程度で容量0%になり、起動もできず当然日時などの設定もリセットされる状態が解消できないためです。

WiFi接続もOffにしているので、電池消耗につながるのは時計や設定メモリー機能程度だと思いますが、何らかの理由で闇電流が多く発生して電源Offにもかかわらずバッテリーを浪費しているものかと思われます。リチウムイオンバッテリーを使う機器の場合、バッテリー保護のため過放電状態である容量0%にならないよう保護回路が動作すると思われるが、GoProの場合0%まで使われてしまう。なんとかしたいと考え、ファームウェアなどをアップデートしても改善はされず、有効な対策は無いようです。

次に使うときはまずバッテリーをGoProに取り付け、容量を確認し、必要に応じ充電し、そしてスマホアプリからGoProにつないで日時設定をするという一手間が生じます。ただ、バッテリーを入れたままにしておいても容量0%になると同じことをしなければならないし、バッテリーを過放電状態にするのはパフォーマンス的にも良くないので当面これで乗り切ります。。
posted by K's at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | GoPro