2013年04月06日

GoPro Hero3 Black Edition:ファイルサイズ・形式と電池の持ち時間

GoPro Hero3 Black Edition、取扱説明書にファイルサイズがどのくらいになるかの記載が無いので備忘として。

ファイルは最大3.94GB(≒4GB)ごとに1ファイル作られ、自動保存されます。1ファイルあたりの収録時間は以下のとおり。
1080p/60fps/Protune On:約12分 (32GBで1時間半程度記録可)
1080p/30fps/Protune On:約15分 (32GBで2時間程度記録可)
(追記 - 2013/5/15)
水中撮影で何度かテストした際にProtuneでは色合いが今ひとつであると感じたため、ProtuneをOff(購入時のデフォルト)にして撮影したところ、1ファイルあたりの収録時間と生成されるファイルが上記と異なるようになりました。
具体的には、MP4ファイルとともにLRVファイルという低解像度(240pixel程度)のファイルが同時に生成されます。また、収録時間は1080p/30fpsのMP4では1ファイルあたり約26分、そのファイルに対応するLRVファイルのサイズは144MB程度でした。なお、LRVファイルは拡張子を.MP4にすればQuicktime等で再生可能です。

連続撮影可能時間:75分程度
付属電池をフル充電し、10分程度、GoPro Appsを使って写りを確認した後、WiFiをオフにして自動的に電源が切れるまで1080p/30fpsの動画を撮影。6つめのファイルに3分程度記録された後電池切れで電源が落ちた。
(追記 - 2013/5/19)

Protuneの利用有無でファイルサイズが変わるため、バッテリー持続時間も変わるのではと考えテスト。フル充電した電池をセットして、Protune Offで撮影。

電池が切れて電源が落ちるまで、26分のMP4ファイルが3つ、15分のMP4ファイルとそれぞれに対応するLRVファイルが生成された。合計すると93分、1時間半程度となった。

ダイビングで使う場合、潜水時間が1本あたり最大1時間と考えると、電池は1日あたり潜る本数分を、メモリーカードは(Protune Onの場合)、2本までなら32GBで収まるが、3本以上潜ることを考えている場合は64GBを買っておくべきでしょう。P

満充電までの時間
手元にあるBlackberry純正AC-USBアダプタ(出力DC5V/750mAh)を使うと3時間以上かかった。GoPro 1000mAh USB互換壁式充電器だと2時間で100%とのこと。iPhoneのAC-USBアダプタは出力1A(1000mAh)なのでGoProの充電器と同じくらいの時間で充電できそうです。
タグ:GoPro
posted by K's at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | GoPro
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165728399
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック