2015年12月25日

A5カブリオレ:エンジンルーム

エンジン
2011年式からノンターボ3.2L V6エンジンから直列4気筒ターボの2.0TFSIになり、車重はV6に比べ100キロ程度軽くなりました。また、その分エンジンルームに余裕(隙間)が結構あります。
バッテリーが上がってしまったときのジャンピングケーブルはエンジンルームとフロントウィンドウ下部のボルトに取り付けるよう、取説に指示があります。

A5カブリオレエンジンルーム


posted by K's at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 車:Audi A5 Cabriolet
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170582188
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック