2016年02月15日

南部アフリカ4カ国の旅:チョベゲームロッジでのサファリ

1日の典型的スケジュール

朝焼けのチョベ川
こんな感じで、一度出かけると3時間くらいかかります。
5:30 朝のサファリ出発
サファリから戻り、8:30頃から 朝食
10:30 午前のサファリ出発(ボートサファリ)
サファリから戻り、12:30頃から昼食
昼寝などしてのんびり
15:30 夕方のサファリ出発(ボートの日と車の日とがあり)
サファリから戻り、19:00頃から夕食
夕食時にGuest Relationsスタッフが翌朝のモーニングコールの時間を確認しにきます。でもって、モーニングコールは自動音声ではなくスタッフが直接かけてきます。私たちは4:40に起きて準備し、コーヒーをいただいてから出発しました。

見られる動物
水辺の象の群れ
チョベは象が多く、ホテルのボードウォークから草原に群がっている象の群れを見かけることは当たり前で、サファリにでて象を見かけないことはなく、リバーサファリでは川岸にやってくる大きな群れを見かけることも出来ます。特にリバーサファリは水辺に来る動物群やカバ、ワニといった水辺に多い動物を観察するには良い手段だと思います。また、私たちが乗ったのは電動船だったので、音が小さいこともあり動物への刺激も少なかったようで、割と接近できました。
水辺に集まる動物
ようやく見れたライオン
一方でライオンやヒョウなどの肉食動物はなかなか難しく、私たちは最終日の朝のサファリドライブの最後の方でようやくライオンとヒョウに遭遇できました。朝のサファリ出発前、ガイドの「今日は何が見たい?」という質問に一同が「Lion!」と答えたのは笑えまして、まあ、ガイドもプレッシャーが大変だったろうなと。
インパラのお尻のMマーク
インパラはどこにでもいる感じです。ガイドは「サバンナのマクドナルド」と。その理由はおしりの模様があのマークに似ていること、肉食動物のターゲットになりやすく、かつ、肉食動物はインパラのお尻の肉を好んで食べるだからと(笑)

おなじみキリン

よく見掛ける動物の英語名は覚えておこう
サファリの最中、動物名は当然ながら英語で言われるのでよく見る動物の英語は頭に入れておいた方がいいです。
Zebra、 Lion、Hippo、Impalaなどは簡単に出てきますが、Baboon(ヒヒ)、Giraffe(キリン)、Warthog(イボイノシシ)はなかなか出てきませんでした(笑)。鳥も結構いるので興味がある方は基本的なところ (XXX Eagle、XXX Bee eater、XXX Fisherなど)を覚えておいて、あとは頭に何かが付く感じで。旅行会社(道祖神)が旅行書類とともに送ってくれた動植物チェックリストが役に立ちました。また、ホテルの部屋にもチェックリストは置いてありました。私たちのガイドは「ゾウ」くらいの日本語は言ってくれましたが(笑)
確かこれはセーブルアンテロープ

用足しとリフレッシュメント
リバーサファリに使うボートの中央にはテーブルがあり、ガイドがクーラーボックスとドリンク、スナックを積んでおいてくれるのでその中からアルコールも含め好きなものを飲めます。川なので揺れはほとんど無く、また、ゆっくり進むので船酔いする様なことは無いと思います。ボートにトイレはありませんので、乗船前に用は足しておきましょう。
 サファリドライブでは乗る前にペットボトルの水をもらっておいて移動しながら適宜飲んだりします。未舗装路を走るので車が動いているときにドリンク取りに移動するのは困難です。ホテルに戻る30分〜1時間くらい前にトイレもあるところに立ち寄るので、そこで車を降りてトイレ休憩とちょっとしたスナックをつまみながらドリンク休憩をしました。
 ボート、車とも幌は付いていますが、日焼け対策は必須です。また、朝のサファリは意外に冷えるのでジャケットなど羽織れるものがあった方が良いです。ケープタウンのワイナリーツアーで一緒になったマレーシア人カップルの話では、クルーガー国立公園(南アフリカ)のサファリの車は幌もなくむき出しで暑いし日焼け対策大変だったと。

カメラや双眼鏡
私たちはそれぞれがカメラと双眼鏡を持参しました。私は今回の旅行用に久々にコンデジを買いましたが(FUJIのX-30)、バルブ撮影ができないので星空の撮影とかができないことを除けば、デジタルズームで大きくしても画質の劣化はあまりなく、正直それで十分でした。双眼鏡は私はドローン飛ばすときのドローンモニターにも使うことを考慮してヒノデ双眼鏡の6倍モデル、相方はコンサートにも使いたいとのことで小型のVixenの口径16ミリの6倍モデルでした。るるぶ南アフリカ (るるぶ情報版海外)
によれば「人に自慢したいならカメラ、自分が満足したいなら双眼鏡」だそうですがまさにそのとおりかと。


posted by K's at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174074303
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック