2016年03月12日

南部アフリカ4カ国の旅:ケープタウン滞在

ケープタウンには3泊滞在。同じアレンジのツアー参加者感想で2泊では足りないとのコメントが多くあったこともあり、1泊追加しましたが、ケープ半島(1日)やワイナリーツアー(1日)で滞在が終わってしまい、また、出発日はフライトの関係で10時過ぎにはホテルを出発しなければならないので、ケープタウン市街も楽しみたいなら4泊もありかとおもいます。

Haut Bay

現地スーパーでの買い物
 Pick n Payというのがローカルの大手チェーンで、V&Aウォーターフロント内にも店舗があります。総菜、食料品、酒からトイレタリー、文房具、衣料まで何でもそろいます。ツアーにもっていく水を買ったり、お土産のワインやオリーブオイルを買ったり、梱包用のテープを買ったりと、いろいろ活用しました。また、Local Productsを特集したコーナーが有りそこにCape Malay Curry等の調味料も置いてあり、何種類か購入しました。ルイボス茶はコーヒーコーナーの横に2−3種類あります。ワインコーナーはかなり充実しています。
 会計は時間帯にもよりますが夕方から夜はかなり混んでいます。買い物袋は有料(1枚1ZAR程度)です。私たちはワイン梱包用に、ワインコーナーに置いてあった空の段ボールを何箱かもらい、それにいれてホテルまで持ち帰りました。
 最後の買い物をと思い、帰国日の朝、開店直後(午前9時過ぎ)にいきましたが、アルコール飲料の販売時間に制限が課せられているのか、ワインコーナーは檻で囲まれていて入れませんでした。ワインを買いたい人は午後か夕方に行った方がいいと思います(何時に開くのかは未確認)
→ひょっとしたらこの市条例で11時前の販売が規制されているのかも。行く機会がある方は現地で確認ください。

治安
 エリアによりますが、日中であれば歩けます。V&Aウォーターフロントは人通りも多いため、ショップ営間中であれば夜間も大丈夫です。中心部のオフィス街は週末はゴーストタウンになるので行かない方が良い、というのが現地ツアーガイドの話。
 宿泊したホテルはV&Aウォーターフロントまで徒歩圏内なので日中は歩きましたが、夜間は危険とのことで、ホテルのシャトルバスを使いました。日中でも話しかけてきたりする人もいますが、無視して歩きましょう。ウォーターフロント以外のレストランを使ったときは、行きはまだ明るかったことと、ホテルスタッフも安全と説明してくれたので、10分程度歩き、帰りはレストランスタッフに付き添ってもらいレストランの目の前で空車のタクシーを捕まえてホテルに戻りました。ただ、若干はふっかけられたようで、5分ほどの乗車でZAR150とチップを求められました。ま、安心料と思わねばと。

ホテルからケープタウンウォーターフロント方面を

posted by K's at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174447785
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック