2017年09月28日

壊れたスーツケースの車輪をローラーブレードの車輪に交換

15年ほど使っていたMandarina Duckのスーツケースの車輪が割れました。

DSCF7210.JPG

自力で交換と思ってキャスターを探しつつグーグル先生検索したら「旅行用カバンの車輪をローラーブレードのホイールに替えたら……」という記事を見つけ、車軸の直径もここで書かれているように6mmだったので真似してローラーブレードの車輪(ウィール)に交換しました。ちょっと派手になり空港でも見つけやすくなったかな(笑)

DSCF7213.JPG

壊れた車輪の外径は7センチをちょっと下回る位。取り付け部のクリアランスを考えると直径7センチ以内にすべきかと考えたので68mmの車輪を探し、スケートハウスさいたまというインラインスケートを扱っているお店にウィールベアリングスペーサーを2個ずつ発注。送料含め2,770円なり。上のリンクの方のようにAliExpressに発注すればもっと安く上がるでしょうが。
ただし、ベアリングはウィール1つに2つ必要という確認を怠りました。同じことを考えている方はベアリングの発注数に気をつけましょう。
DSCF7211.JPG

足りないベアリングは追加発注すればいいやとまずウィール1つにベアリングとスペーサーを組み込んでスーツケースに取り付けてみたところ、車輪と取り付け部の左右の隙間が大きくウィールがガタガタする。。よく見ると割れた車輪はベアリングの中央に突起があり、その隙間を塞いでいる構造になっていました。
さて、ベアリングとともに追加のスペーサーかワッシャーみたいなものも必要かと思って思案しつつ、よく見ると壊れた車輪のベアリングと今回買ったベアリングは同じ608zz規格で同一サイズ。ならばそのベアリングをウィールに移植してしまえと、割れた車輪を壊して、ベアリングを取り出し、ウィールに組み込んで取り付けて修理完了。
結局ベアリングとスペーサーは無駄になってしまいましたが。。メルカリででも売るか。





posted by K's at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181129643

この記事へのトラックバック