2020年03月29日

ケープタウン国際空港での現地SIM入手方法

情報があまりないのでまとめておきます。2020年1月時点の情報です。

現地キャリアのSIMはケープタウン空港で簡単に入手可です。
国際線ターミナルに到着し、入国審査を通過し、手荷物引き取りエリアに行くとVodacomともう1社のカウンターがありました。手荷物を待つ間にカバーエリアが広いと聞いていたので私はVodacomのカウンターにいき、そこで希望を言うとプランを提案してくれ、メモをくれます。SIMはここで購入するのではなく、税関通過後のカウンターで買う仕組みです。

荷物を引き取り、税関通過後、そのメモをVodacomのカウンターに出せばスタッフが決済とSIMのアクティベーションをしてくれます。パスポートなどの提示は不要でした。私の場合プリペイドで1ヶ月間有効の1GBデータとZAR55相当分のエアタイム(通話)が付いたパッケージをZAR309(約2400円)で購入。内訳はSIM代105、データ149、エアタイム55。

電話番号とデータの残高はアクティベーション後に来るSMSで確認できます。

SMSによる番号党の通知



エアタイムやデータの残高は*135#をダイヤルし、返信メッセージの選択肢に従って番号を入力すると確認でき、SMSに詳細を送信させることもできる。以下はケープタウン空港を発つ前に確認した残高。ホテルがWiFi完備だったこともあり、1週間の滞在で使ったデータは360MB位。500MBプランでも十分だったかも。

SMSでの残高確認



SIMカード購入時のクレジットカードはVISAかマスターのみ利用可。南アフリカではAmex、ダイナースなどがメインカードの方はVisaかマスターのカードもサブカードとして忘れずに。

ほか手荷物引き取りエリアは両替カウンターと小さな免税店がある。ATMは税関通過後に何カ所かある。ATMの利用手数料は銀行によるが1取引あたりR50〜75程度。

入国審査、税関は到着便がそれほどないせいか、割とスムーズで着陸後30分くらいで出迎えのドライバーと遭遇し、ワインランドの宿に向かいました。

posted by K's at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187322735
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック