2020年06月12日

Appleの下取りプログラム;査定とキャンセル可否

別途書いたとおりMacBook Proを買い換えたので、これまで使っていたMacBook Pro 2017の売却法として、ヤフオク、メルカリ、そしてApple Trade Inというアップル公式の下取りプログラムの3つを検討。Apple Trade Inでの自動査定額が3万円、一方、ヤフオクの落札価格が7万円台からあったことから、ヤフオクでの売却が最も高く売れると判断して出品し、ほぼもくろみ通りの価格で落札いただきました。

appletradein.png
Apple Trade Inウェブサイトから


Apple Trade Inは製品を製品購入時に申し込み・査定をしても、期限内に身分証明書の登録を行って製品を送らなければ自動的にキャンセルされます。ただし、製品を送ってしまうとその後のキャンセルはできません。

新製品購入時にApple Trade Inである意味市場での最低買取額を確認した後、ヤフオクやメルカリでの相場を確認してそちらが高ければヤフオクやメルカリで売却するという手段が使わなくなったアップル製品をより高い価値で売却するには有効かもしれません。

タグ:Apple Trade In
posted by K's at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac/iPhone/iPad
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187561307
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック