2021年12月03日

GnuCashをM1 MacBook Airで使う(その1)

プログラミング素人だが財務の知識はちょっとあるブログ主が、Excelでの個人収支・資産管理を、フリーの財務ソフトGnuCashを使った複式簿記形式の管理に移行するための作業メモ。利用環境はMacOS BigSur (MacBook Air M1, 2020)

インストールし、科目を設定してExcel帳簿との並行稼働を開始。チュートリアル通りになかなかうまくいかないところも多いです。

勘定科目設定はデフォルトをベースにしつつ、以下のようにしてみた。
固定資産:引き出しが60歳以降の確定拠出(iDeco)勘定は投資勘定ではなく固定資産とした。住宅や車は見た目の数字が大きくなりすぎるため残高入力しないこととした。
負債:住宅ローンとクレジットカードを会社ごとに設定
投資:前述の通り確定拠出は固定資産的な性格があるため固定資産にしたため、ここには証券口座にある有価証券を設定している。株や投資信託など価格が変動するものは、口座の簿価を開始残高として入力。そして、純資産に有価証券評価額勘定を作り、保有している株式や投資信託ごとに評価損益を入力することで時価を把握。固定資産に置いた確定拠出年金も同じ処理。株式は保有個別ごと、投信は証券会社ごとに勘定科目を作っている。これは下の方に書いてますがFinance::Quoteモジュールがインストールできてないこと、それに依存するのかどうかわかりませんが、証券エディターがチュートリアル通りに動かず、勘定科目設定画面で通貨しか選択できず、適切な証券勘定を設定できないため。

米国ETFや外国株口座に待機しているUS$預り金残高を円ベース合計に反映するには、チュートリアルに従ってツール>価格データベースからUS$の為替レートを手動で設定し、円ベースの合計額に反映させている。

日々の記帳はアクション>資金移動から実施。入力例は以下のように行っている。
例1)昼食代1,200円を財布の現金で支払う
資金移動を開き、金額、説明を入力し、借方勘定の「収益・費用を表示する」をチェックし、費用>食費を選択、貸方勘定で資産>流動資産>現金を選択し、OKをクリック
例2)アマゾンでワイヤレスイヤホンを5000円で購入しAmexカードで決済
資金移動を開き、金額、説明を入力し、借方勘定の「収益・費用を表示する」をチェックし、費用>コンピューターを選択、貸方勘定で負債>クレジットカード>AMEXを選択し、OKをクリック。

その他ネットで見つけて適用した小技

ファイル形式を変更する
デフォルトだとデータがxmlで保存され、書類フォルダに大量にlogファイルが生成されるのでうざい。以下を参考にファイル保存用のフォルダを作り、ファイル形式をDB(SqLite3)に変更した。すでにファイルを作成している場合はGNUcashのファイル>名前を付けて保存で「データ形式」をSqLite3にすればOK。ログファイルは削除しても問題ない模様。

通貨記号を変更する
日本語版だとツール>証券エディター>「国際通貨を表示」にチェックを入れ、通貨ツリーを表示させてから日本円を選択して以下を参考にしてJP\を¥にする。


Finance::Quoteがどうしても入らない。。
これができれば為替レートや株式、投信の時価が取得できて便利なのだが現時点(2021/12/3)ではPerlモジュールがインストールできず使えていない。
以下は参考にしたサイトや失敗した履歴。

以下のサイトなどを参考にPerlbrew, cpanmインスコ、rootユーザーを有効にしてrootでログインしてGnucash.appのパッケージの中を開いてResources/bin/のgnc-fq-updateを直接ダブルクリックして実行したりするが、FAILする。

GnuCashで株価や外貨預金の時価を表示する
GnuCashで日本の投資信託の基準価額を取得するPerlモジュールを書いた
Finance::Quote and Big Sur
Bruce Schuck  /   Finance-Quote-1.51  7 ++  / Finance::Quote
Online Quotes

Perlbrewとcpanmインストール
その後、sudo /Applications/Gnucash.app/Contents/Resources/bin/gnc-fq-update をターミナルでたたくがうまくいかないので、gnc-fq-updateを行うべく、Gnucash.appのパッケージの中を開いてResources/bin/のgnc-fq-updateを直接ダブルクリックして実行するが、FAILとなる。どうやらFinance::Quoteに必要なDate::Range, Date::Simple, Test::Perl::Critic がインストされてないのでうまくいかない?
Warning: prerequisite Date::Range 0 not found.
Warning: prerequisite Date::Simple 0 not found.
Warning: prerequisite Test::Perl::Critic 0 not found.

My MacOS Finance::Quote Successful Tweaks
これを見てsudoからいくつかコマンドを打ち込み、最後にgnc-fq-update走らせてみても駄目。rootでやり直しても同じ。。
sudo cpan -i B::Keywords
sudo cpan -i Test2
sudo cpan -i DateTime
sudo cpan -i DateTime::Locale
sudo cpan -i DateTime::Format::Strptime
sudo cpan -i Mozilla::CA

いろいろ試したことをアップデート予定



posted by K's at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac/iPhone/iPad
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189168432
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック