2006年01月22日

ザ・コーポレーション

ブロガー割引でみれば1,000円だったのね、やっときゃよかった..。

企業を人と見なして、WHOの定める精神分析方法に基づいて、企業の活動を検証すると、その結果はサイコパス(人格障害)。

ま、不祥事だけを取り上げればそうなるし、一昔前の左翼映画、とくくっちゃえるかもしれない。しかしながら、最近のマスコミをやたらにぎわしている「企業価値」とはいったい何なのかを考える新たな視点を与えてくれるとは思う。何でもそうだが、物事を成り立たせるには適度なバランスが必要であり、また、それに関わる人間が「良心」を持って取り組んでいるか否かである。ただ、その「良心」がこと企業活動という形になると適度なバランスをぶっ壊して結果「サイコパス」になってしまうのが多くの企業の現実ではなかろうか...。

原作本はこちら

posted by K's at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年07月01日

樹の海

いろいろあるけど、とりあえず生きていこうや。
http://www.bitters.co.jp/kinoumi/

posted by K's at 22:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画・テレビ

2005年06月02日

映画2本(コンスタンティン・オペラ座の怪人)

2本とも見たのは1か月くらい前のことだが、本ばかり読んで書く暇無かった(笑)。
コンスタンティン
見終わっての印象は良い意味で裏切られた。キアヌが世界を救うキャラ的な役割になるのはマトリックスと同じような感じなのだが、世界の作り方、演出等は結構引き込まれる。
 天国と地獄というのは現実世界における勝者と敗者の世界であり、敗者になったら基本的にはその世界から抜け出せず、運の良い奴がせいぜい中間層(この映画で言う人間界)に出てこれるものの、勝者になることはできない、という今のアメリカ社会のメタファーじゃないのか、というのは読み過ぎか。ちなみに終わり方は「続編ではこいつがこうしてああして」と、続編のストーリーが想像できる。

オペラ座の怪人
見終わってから「うーん、4月のNY行き前に見て、NYで舞台を見れば良かった」と後悔。友人で4回も見に行った強者もいるが、一度見て嵌ると何度も見たくなるのかもしれない。「日本語の外へ」を再読した直後にスーザン・ケイによる「ファントム」を購入して一気読みしてしまった。そのせいで頭が読書疲れ状態だが(笑)。映画または舞台を見る前に一度読んでおくのも良いのではと思う。

posted by K's at 22:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年03月27日

The Aviator

映画制作、パイロット、航空宇宙産業、医療事業と、夢を一途に追い求めた企業家ハワード・ヒューズの物語。
映画に登場しているのはその人生の中の一部の一側面。自ら操縦する飛行機で生じるアクシデント、セレブとの恋愛、潔癖性で時として気が狂ったような言動を繰り返すハワード・ヒューズという、映画的に描きやすい素材が中心となっていて、企業家ヒューズ、あるいはヒューズを支えたスタッフ、特に財務面でヒューズの右腕となっていたノアにももう少し焦点を当てるのも良かったのではないか、とも思った。

彼が創業したHughes Aircraftはすでに存在せず、U.S.Centunial Flight Commisionの資料によると、RaytheonやBoeingの一部門となっているとのこと。
After Hughes' death, Hughes Aircraft remained a separate company until 1985, when General Motors bought it from the Medical Institute and merged it with DELCO Electronics, renaming it Hughes Electronics. Hughes Aircraft existed within Hughes Electronics. In August 1992, the aerospace company General Dynamics sold its Missile Systems business to Hughes Aircraft. In the fall of 1997, the Hughes Electronics defense operations merged with Raytheon, another aerospace company. Hughes Space and Communications continued building satellites until it was purchased by Boeing in 2000 and became Boeing Satellite Systems.

TWAこと、Trans World Airlinesは紆余曲折を経て、2001年12月にアメリカン航空にその資産等を売却し、歴史の中だけの存在となった。詳細はこれもまたU.S. Centunial Flight Commissionの資料から。
彼が作った世界最大の飛行艇「ハーキュリーズ」はオレゴン州にある「Evergreen Aviation Museum」に保管・展示されている。
原作本は来月のアメリカ行きの道中か、あるいはロサンゼルスを見下ろすGetty Centerで彼が飛んだ空を見ながら読んでみることとするか。

余談
公開初日だからなのか、入場者にデカプリオの生写真(っていうのかな?)が配られたり、上映前にデカプリオから日本の観客向けの挨拶映像が挿入されたりと、これも結局デカプリオ頼りか。
posted by K's at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年03月12日

ローレライ

福井晴敏原作「終戦のローレライ」の映画化。
単行本で400ページ超×2巻ということで、このボリュームを2時間ちょっとの映画に納めるのは無理があるんじゃないか、と思ってはいたが、残念ながらその予想は当たってしまった。原作を読んだのが2年以上前で今手元にないので詳細な記憶はないけど、各登場人物の人間像が割とよく描かれていたんじゃないかと記憶している。残念ながら映画ではそうした部分に不足感があったのは否めないし、ローレライの生まれや艦内での反乱等のバックグラウンドの説明が不足しているせいか、原作を読んでない人が見ると唐突な感があったのではないかと思う。
映像や演出面は割と良くできていたんじゃないかと思うが、CG部分、B29のシーンはリアル感があったものの、伊507のシーンは少々リアリティが欠けている感があり、ちょっと残念。

オフィシャルサイト http://507.jp

ローレライに続いては「亡国のイージス」「戦国自衛隊1549」と福井氏も忙しい今年ですなぁ
posted by K's at 21:29| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画・テレビ