2018年03月22日

車庫証明(自動車保管場所証明申請書、保管場所標章交付申請書)の手書きが面倒

また引っ越しするので車庫証明を準備中。変更しなくても良いのだがいざ売却と言うときに面倒なのでちゃんとやっておく。

で、車庫証明を取得するときの申請書、手書きが面倒なので探したら同じこと考えている方がエクセル作ってくれていた。ベクターあるいは作者の方のサイトからダウンロード可能。ただし東京都バージョンなので他府県では書式が異なる可能性あり。

MacOSのOffice 2011で使うときは印刷ページ設定を縦横とも1ページで印刷に設定すれば問題なし。

ほんと手書きの書類はどんどん追放して欲しい。。






タグ: 手続き
posted by K's at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年06月07日

自研センター

たまたま見つけたサイト。
読むと興味深そうなもの多いので備忘としてリンク保存。

自研センター
http://www.jikencenter.co.jp/




タグ:
posted by K's at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) |

2015年11月19日

幌の修理屋さん(備忘録)

いー修理(東京都荒川区)
将来お世話になるかもしれないので備忘録として





タグ:
posted by K's at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) |

2015年11月07日

ボッシュの車別パーツ適合表

バッテリーなど、ボッシュ製パーツの適合表、ボッシュジャパンのサイトのがわかりやすいのでメモ


上記をクリックすると以下の画面になり(2015/11現在)、パーツ、車種別に検索できるので、それでわかった品番をGoogle先生から安いところを探すのが良いかと。

スクリーンショット 2015-11-07 14.15.30.png






タグ:バッテリー
posted by K's at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) |

2013年12月02日

アウディTT(8NAUQ) バッテリーの交換

私のTT Roadsterはこれまで2回バッテリーを交換しています。バッテリー交換の情報で探してくる人も多いようなのでこちらの内容からバッテリーに関するのみを抜粋し、書き直してみました。

1回目の交換(2006年1月・走行距離25,000km)

納車後4回目の冬を迎えたTTR。そろそろバッテリーの寿命と思われる症状が続いたため、バッテリーを交換した。TTの取扱説明書の記載が自分で交換しようとするには不十分な情報しかなかったこともあり、今後の備忘録とご自身で交換しようとする方のためにまとめてみた。

バッテリーが寿命と思われた症状は....
症状1)スターターに勢いがない
症状2)時計、トリップメーターがリセットされていた。
症状3)バッテリー液を比重計で確認するといくつかのセルが充電不良状態
交換作業時に必要なもの
交換用の新しいバッテリー、ちょっとした体力と知力、軍手、ぼろ切れ、車載工具(ドライバーとスパナ)、ヒモ適量

ボンネットを開け、向かって右手前にあるカバーの下にバッテリーがあるので、まずこのカバーをはずす。その後グリル側にあるボンネットを受けているプラスチックカバーもはずしておくとバッテリー底部を固定している金具をはずすときに邪魔にならない。このカバーは3カ所あるプラスチックのプラグの縁からマイナスドライバーを入れてはずす。

TTのバッテリーはプラス、マイナスのケーブルが単純にターミナルにつながれているのではなく、バッテリーの上に配電盤のようなものがあり、プラス側のターミナルにはその配電盤から結線されている。このターミナル状のものの両端の爪を解除して上に跳ね上げる。安いプラスチックなのか、ちょっと力を入れると根本のヒンジ部分が折れてしまうので注意(私のは数年前バッテリー液を点検する際に折ってしまった)。跳ね上げたとしても、交換時には邪魔になるので、私はガムテープで押さえたが、ヒモを用意して押さえてしまうのが良いと思う。次いで、スパナを使ってターミナルにつながっているケーブルをマイナス側、続いてプラス側からはずす。はずしたケーブルもヒモで押さえると良い。特にプラス側がまだバッテリーにつながっているときは、はずしたマイナス側の端子がボディの金属部分に触れないように注意も必要。

バッテリーの回りには断熱用のクッションとそれを囲むプラスチックの枠が取り付けられている。まずはプラスチック枠の手前部分を上から引き上げてはずす(他の部分はそのまま)。続いてクッションを上から引っこ抜く。ようやくバッテリー本体が姿を現すも、バッテリー本体を揺らしてみてもびくともしないので、他に固定されてる部分があるのでは、と探すと、手前側、バッテリーの底部の出っ張りを使って固定している金具とボルトを発見。バッテリーとフロントグリル側の隙間に手を突っ込んでスパナを回し、ゆるんだところでスパナを取り出し、指でボルトを緩め、金具とボルトを取り出す。 以上でバッテリーを取り出す準備は完了。バッテリーの両脇に手を入れて、軽くバッテリーを揺すってから、バッテリーを引き上げる。15キロ位あるので腰を痛めないように。

そして、新しいバッテリーを取り付ける前に、まずはケーブルの端子をきれいにし、また、CRCを新しいバッテリーのターミナルに軽く塗る。向きを確認して、新しいバッテリーを入れ、位置決めしてから、取り外しと逆順序で元通りにしていく(クッションだけはバッテリーを入れる前に先につけてしまっても良い)。

その後、マニュアルを見ながら時計とカレンダーを再設定。ラジオのメモリーはバッテリーを取り外しても記憶されていたので修正は不要でした。ここまでの作業だいたい1時間くらい。作業をしたのは東京に大雪が降った日。冷蔵庫のような屋外での作業はちとつらかった....。

ボッシュの適合モデルはS-6Hで、送料と廃バッテリー処理料を含めて13,975円。購入したのはル・パルナス(2013年12月現在バッテリーの販売は行っていない)。TTの取扱説明書には、バッテリーはオーナーによる交換可能と記載してあるものの、具体的な交換方法は記載されていないため、作業は一手間。
2013年12月時点ではこちらが参考になります。
http://minkara.carview.co.jp/userid/348327/car/250695/403266/note.aspx

廃バッテリーは事前に処理料を払っていたのでルパルナスに持ち込んで処分。取付後にMixiのTT関係のコミュニティにバッテリーのトピックスがあるのをみつけましたが、そこではクーペとロードスターでサイズがちがう、ってな話が書かれてましたが、取扱説明書にはそんな記載どこにもないし、ネット上で見つかる適合表にはクーペとロードスターとで異なった品番を表示しているものも見あたらないため、仮に異なっていたとしても大差ないんじゃないの、と個人的には思います。ま、この辺は確実性を求めるならディーラーへ、コストを重視するなら自力で、となるのではないかと思います。私は後者です(笑)。

また、バッテリー交換後にはコンピュータの調整(初期化)が必要との情報もありましたが、アウディ世田谷のサービス担当の方に聞いたところ「初期化することを勧めるが、しなくても支障はない」とのことでした。具体的には、交換時の急激な電圧変動でコンピュータの記録内容がリセット(注、初期化ではないとのこと)されたり、学習したデータが変わってしまうことがあるため、ディー ラーで交換した時には初期化するようにしているとのことでした。 この説明を聞いたのでやる必要もないと判断し、私のTTは初期化もしてません。もちろん、判断は自己責任ですので、この情報を利用して何らかのトラブルが生じた場合でも私は責任持ちませんよ:-p

2回目の交換(2013年2月)

時折トリップメーターや時計がリセットされるなど、バッテリー寿命を思わせるシグナルがその1年前くらいからでていたものの、その都度休日に用もなく距離を走るなどだましだまし使い続けて延命しましたが、交換7年目でついにエンジンがかからなくなり、保険会社のサービスを呼ぶハメに。即BOSCHのPSIN-6Cをネットで調達し自力交換。 当初のバッテリーに比べて倍以上持ったのは2006年頃に取りつけたバッテリー延命機Nanopulserの効果がそれなりにあったと考えて良いかと。

バッテリーはネットで最安値と思われる四国のお店から調達し、税送料込み10,431円。バッテリーの底部を固定しているボルトを緩めるためには、上記みんからのサイトに書いてあるとおり13ミリのソケットレンチがあると良いのですが、手元に無かったので手を突っ込むのが面倒でちょっと手間かかりました。

廃バッテリーの処理、さてどうしようかと思いまずは数年前にタイヤを交換した近所のタイヤ屋に持ち込むが断られ、ダメ元でいつも点検に入れてるアウディの某サービスセンターに持って行ったら無料で引き取ってくれました。

posted by K's at 20:20| Comment(1) | TrackBack(0) |