2017年06月18日

パリからバターを持ち帰る

2泊4日のとんぼ返りのフランス出張。フランス産バターが好きなので、現地で調達できる梱包手段でバターを持ち帰る実験をしてみました。購入から自宅到着まで約18時間、バターは多少柔らかくはなっていたものの、形が崩れることも溶けることなく無事に持ち帰りできました。

買ったバター
朝、日本からの一仕事片付けて9時過ぎにギャラリー・ラファイエットのメゾン&グルメ館へ。バターは地下1階のチーズコーナーの隣にあります。粗塩入りバターのSel de Mer (125g/€1.18)とPamplieの無塩バター(125g/€1.3)と同じフロアの日用品コーナーでジップロック(12枚入り/€2.0)を購入。
DSCF7040.JPGDSCF7037.JPG

梱包方法
買ったバターをそれぞれジップロックにいれ封をします。次にそれをホテルが無料で部屋に入れておいてくれた日経新聞をくしゃくしゃにしてで(新聞紙は保温効果が高い)、さらにその上からギャラリー・ラファイエットの買い物袋で包みます。これをスーツケースにしまいました。バターの周りは万が一バターが溶けたときに被害の少ないもの(洗濯物を入れた布袋)で囲みました。多少の保温効果も期待して。
DSCF7039.JPGDSCF7038.JPG

買い物1時間後のフランス時間10:30(日本時間17:30)にホテルを出発。今年のフランスは東京より暑く、滞在最終日の気温は30度!、12時前にシャルル・ドゴール空港(CDG)に到着し、チェックインしてスーツケースを預けます。ここで飛行機に積み込まれるまで炎天下にさらされなければ、日本までの12時間のフライト中は低温の貨物室なので大丈夫なはずです。フライトは定刻より20分ほど遅れ13:50頃CDGを発ち、成田には定刻の翌日8:20に到着、入国手続きなどを経て自宅に着いたのが10:30頃、18時間あまりを無事に耐えてバターを持ち帰ることができました。

本気で持ち帰るには、検索すればいろいろな方法が紹介されており、保冷剤や冷えピタ、保冷バッグを持参するなどするとよりよいのかもしれませんが、現地調達できるものだけでも持ち帰りは可能なので、興味を持たれた方はどうぞ。バターは液体物扱いなので機内持ち込みには規制がありますのでご注意下さい。

なお、個人で持ち込んだ食品の安全性等については責を負いかねます。自己責任でどうぞ。




posted by K's at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2017年03月15日

ハワイアン航空・エクストラコンフォート

ハワイ島旅行の帰り、1.5万円の追加料金払ってエクストラコンフォート席を利用。
エコノミーの最前列3列程度と非常口前の席に設定されている。シート幅は通常のエコノミーと同じ。

通常のエコノミーとの違いは、シートピッチ拡大、優先搭乗、アメニティキットの配布の3点。荷物の優先引き渡しはなし。空港によっては保安検査の優先もあるようですがコナはなし。機内サービスはエコノミーと同じでした、シートピッチが広く出入りがしやすいので機内では楽でした。

アメニティキットはビジネスクラスと同じものと思われます。ボールペンは入国や税関書類の記入に便利でした。

ハワイアン航空のアメニティキット






posted by K's at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

ハワイ島・コナ国際空港

ハワイアン航空が羽田から直行便開設したとのことでハワイ島に行きましたが、コナ空港の情報があまりなかったのでまとめておきます。
一言で言うと雨が降ることを想定してない空港です。

KOA到着

到着時
羽田直行便の入国、税関審査は通常のターミナルの北側にある巨大なテントにて。テント内はエアコン入っていますが、真夏はきついかもしれません。税関審査を終えてターミナルを出てからレンタカーのシャトルバス乗り場までは300m程度離れています。通路に屋根はないので雨天時や夏場はきつそうです(ヒロと違ってコナは雨が降らないから気にしなくていいのかな)。
以下、空港オフィシャルサイトの地図に加筆してみたものです。
KOA Map
地図はオフィシャルサイトから引用、日本語コメントは筆者

出発時
レンタカーの返却場所が近いので、複数名で旅行しているのであれば、レンタカーを返す前にチェックインカウンターの近くの車寄せに乗り付けて荷物と同行者を下ろし、同行者に荷物を見ておいてもらい、その間に運転者は車を駐車場へ。駐車場に車をおいて同行者に合流してチェックインした後、レンタカーを返却しにいけば、
(1)レンタカー返却時に荷物を下ろし、
(2)シャトルバスに荷物を積み、
(3)シャトルバスから荷物を下ろし、チェックインカウンターへ、
という何度も荷物を動かす手間を避けられ、一度の荷下ろしだけですみ、チェックイン後の時間をつぶせます。レンタカーの返却場所からはシャトルバスで5分もかかりません。

さて、チェックイン後の時間のつぶし方ですが、セキュリティチェック前はターミナル1,2の間にOnizuka Space Centerというのがありますが、私たちがいったときには残念ながらClose。その向かいにShabbyな飲食店が1軒あります。
セキュリティチェック通過後がまたShabby。カフェテリア1軒、お土産店1軒。値段は足下を見てて、Cokeは2オンス(591ml )PETが$3.75、自販機の水も$3と町中の値段を見慣れた目にはかなりインフレ感あります。のどを潤すのに必要な飲み物以外は基本滞在中に買うべきかと。なお、アルコールはカフェテリア外はパブリックスペースのため店外持ち出し禁止です。羽田直行が就航したためかカウンターだけの免税店もありますが、品揃えはハードリカーとたばこ程度。

無料WiFiもカード会員用ラウンジもありませんので、鳥も自由に出入りし、ジェットエンジンの排気のにおいも漂よう実に開放的な空港を楽しみましょう。
KOA




posted by K's at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2016年06月07日

南部アフリカ4カ国の旅:ワイナリーツアー&ワインを持ち帰る

半年前の南部アフリカ旅行の記録、まだ続いてます。

今回の旅行時、預託荷物に21本、免税で3本、合計24本ワインを購入して持ち帰りました。残念ながら預託荷物の1本が途中で割れてしまいましたが、23本を日本に持ち帰りました。

南アフリカ航空の預託荷物はエコノミークラスでは一人2個、1個あたり23キロまで無料、ワインの税金は免税枠を超えた4本目以降から1リットルあたり200円(750ml換算では1本あたり150円)と大きな負担ではないので、現地のホテルやレストラン、ワイナリーの試飲で気に入ったワインやPick n Payで目に付いたおいしそうなワインを買ってきました。日本で2000円前後で売られてて何度か飲んで気に入っていたワインが南アフリカランド(ZAR)60程度(約500円)で売られているのが現実でした(笑)。感触としてはZAR70位でデイリーワインの中の上くらい、ZAR100超えるとかなり良いのが買える感じです。ワイナリーも数多く、市中のお店や免税店には並んでない製品も多いので、ワイン好きの方で持ち帰ろうと思うなら、ワイナリー訪問で気に入ったのがあれば買っておいた方がいいです。VATも後で取り戻せますし。

梱包はワイナリーやPick n Payでもらったワイン用の段ボール箱を使い、緩衝材には日本から荷物の隙間に詰めていったエアキャップと朝食時にレストランにおいてあった新聞。日本からクラフトテープを持って行きましたが、これだと荷物のタグが張り付かないのでいPick n Payで透明な梱包用テープを買いました。
ホテルで6本入りの箱を2個、テープで合体させて1つの箱にして12本、そして12本用の箱に9本とオリーブオイルを2本入れて梱包しました。空港ではFRAGILEのシールをべたべたと貼り付けてもらい、預けましたが、クッションが不十分だったのか、12本用の箱に入れた9本のうち1本がCPT-JNB-HKGのどこかで割れたようで、荷物受け取り時にはビニール袋に包まれてでてきました。到着後、税関で課税の列に並びワインの本数を申告しその場で税金を払って終了。

ワイナリーツアーはケープタウン滞在3日目に1日かけて3つのワイナリーを回りました。ガイドは前日のケープ半島ツアーと同じガイドで、同行者はマレーシア人の夫婦、UNESCO勤務のルーマニア人とその友人というこれまた国連みたいな構成。訪問したワイナリーは以下でした。

Anura
最近注目のブティックワイナリーとのこと。以前はFrog Hillという名称。シャルドネを購入

Dieu Donné Vineyards
ロケーションは最高。スパークリングがなかなかよかった。
Dieu Donné Vineyards

Stellenbosch Vineyard
Credoほか複数ブランドを展開しているワイナリー。品揃えは一番豊富で、デザートワインとShirazのスパークリングなどを購入。

昼食は2軒目のワイナリー訪問後にFranschhoekで2時間ほどの休憩を取り、Franschhoekの街をぶらぶらするのと兼ねてその間にとるパターン。ガイドがいくつかお店の名前と特徴などを教えてくれたのでそれも参考に選択。

南アフリカワインにはまり、帰国後も南アフリカワインを探す中で見つけたところがここ。
リカーショップ アフリカー
そのうちワイン会にも行ってみたいと思っています。




posted by K's at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2016年03月12日

南部アフリカ4カ国の旅:ケープタウン滞在

ケープタウンには3泊滞在。同じアレンジのツアー参加者感想で2泊では足りないとのコメントが多くあったこともあり、1泊追加しましたが、ケープ半島(1日)やワイナリーツアー(1日)で滞在が終わってしまい、また、出発日はフライトの関係で10時過ぎにはホテルを出発しなければならないので、ケープタウン市街も楽しみたいなら4泊もありかとおもいます。

Haut Bay

現地スーパーでの買い物
 Pick n Payというのがローカルの大手チェーンで、V&Aウォーターフロント内にも店舗があります。総菜、食料品、酒からトイレタリー、文房具、衣料まで何でもそろいます。ツアーにもっていく水を買ったり、お土産のワインやオリーブオイルを買ったり、梱包用のテープを買ったりと、いろいろ活用しました。また、Local Productsを特集したコーナーが有りそこにCape Malay Curry等の調味料も置いてあり、何種類か購入しました。ルイボス茶はコーヒーコーナーの横に2−3種類あります。ワインコーナーはかなり充実しています。
 会計は時間帯にもよりますが夕方から夜はかなり混んでいます。買い物袋は有料(1枚1ZAR程度)です。私たちはワイン梱包用に、ワインコーナーに置いてあった空の段ボールを何箱かもらい、それにいれてホテルまで持ち帰りました。
 最後の買い物をと思い、帰国日の朝、開店直後(午前9時過ぎ)にいきましたが、アルコール飲料の販売時間に制限が課せられているのか、ワインコーナーは檻で囲まれていて入れませんでした。ワインを買いたい人は午後か夕方に行った方がいいと思います(何時に開くのかは未確認)
→ひょっとしたらこの市条例で11時前の販売が規制されているのかも。行く機会がある方は現地で確認ください。

治安
 エリアによりますが、日中であれば歩けます。V&Aウォーターフロントは人通りも多いため、ショップ営間中であれば夜間も大丈夫です。中心部のオフィス街は週末はゴーストタウンになるので行かない方が良い、というのが現地ツアーガイドの話。
 宿泊したホテルはV&Aウォーターフロントまで徒歩圏内なので日中は歩きましたが、夜間は危険とのことで、ホテルのシャトルバスを使いました。日中でも話しかけてきたりする人もいますが、無視して歩きましょう。ウォーターフロント以外のレストランを使ったときは、行きはまだ明るかったことと、ホテルスタッフも安全と説明してくれたので、10分程度歩き、帰りはレストランスタッフに付き添ってもらいレストランの目の前で空車のタクシーを捕まえてホテルに戻りました。ただ、若干はふっかけられたようで、5分ほどの乗車でZAR150とチップを求められました。ま、安心料と思わねばと。

ホテルからケープタウンウォーターフロント方面を




posted by K's at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域