2023年01月16日

サンノゼ界隈のレストラン感想

現地在住の相方の同僚や現地の知人に教えてもらい行ったレストランの感想などを。予約できるところはYelpやOpentableで予約していきました。移動はUberとLyft。

サンノゼのダウンタウンから車で20分ほど、シリコンバレーの金持ちが住むというSaratogaにあるこぢんまりとしたレストラン。隣には同系列のFlowersというレストランもあり、こちらも勧められていました。
到着日の夜、少し早めのディナーをと17時の開店と同時に入ったのだけど、その時点で店内ほぼ満席という人気ぶり。場所柄か客層は白人系が多かった印象。ウエイターが「うちのワインはSafewayの値段と同じ」と言うとおりで、グラスワインは$8~10とお手頃な値段で種類も多く、一方でボトルで$600以上のハイエンドなものまでそろっている。料理の一皿あたりの量は典型的アメリカンな量ではないので日本人でも一人一皿頼んでも大丈夫そう。私たちは最初3皿(Crab Cake、Grilled Octopus, 7oz. Fillet)を頼み、Halibutを追加し、デザート抜きでちょうど良い位でした。

Crab Cake
IMG_3780.jpg


Grilled Octopus
IMG_3781.jpg

7oz Harris Ranch Braveheart Black Angus Filet
IMG_3782.jpg

Pan Seared Halibut
IMG_3783.jpg
このほかグラスワイン6杯飲んで$205+チップ

レストランがあるSaratogaのメインストリート、Big Basin Wayには近隣の小規模ワイナリーのワインの試飲販売を行っている店が複数あり、小さなワイナリーのワインを探すにも良いかと。Hero Ranchに行く前にそのひとつRuthe Roberts Wine Collectiveに立ち寄り、試飲して2本購入しました。残念ながらここは2022年末でお店を閉じるとのことで、行った日が最後の営業日でした。

クパチーノのアップル本社にも近いステーキハウスにランチに。店内は広々として明るい雰囲気、テーブル配置もゆとりがあります。ベイエリアのレストランでは和食テイストを取り込んだ料理がはやっているのか、ここも刺身サイズに切ったハマチを小さなグラスにアボカドなどと盛ったHamachi Shotやマイタケやシメジの炒め物(グリルと言うが炒め物な感じ)などがある。量的には典型的アメリカンな感じなので基本はシェア。ドリンクが結構良いお値段(ビールは$12、ワインはグラスで$25位〜)することもあり、ビール2杯、ワイン2杯、カクテル2杯飲んで$275+チップ
ここの客層はアジア系を中心に、ラティーノ、白人系と多様。

アミューズ
IMG_3794.jpg

Hamachi Shot
IMG_3795.jpg

PRIME NEW YORK STRIP – 12 oz. & Wild Mushrooms
IMG_3799.jpg

Cuper-tiniとミモザ
IMG_3801.jpg
食後はApple Park Visitor Centerに行こうとしていたのだけど雨がひどくて断念。

滞在中唯一天気が良かった元旦のランチにSantana RowのAmberへ。この界隈では高級ショッピングモールのSantana Rowの他、Los Gatos、San Franciscoにもある。週末のBranch Buffetがいいよと勧められていたのですが、店からもSpecial Endless Brunch Buffet with  Bottomless mimosaやるよ、って案内が来たので元旦のランチに。
カレー、バターチキン、野菜のグリルやデザートなどの20種類位のブッフェに加え、ミモザ飲み放題で一人$40+チップ(事前の案内メールでは$45でしたが..)。インド系のグループや家族で大賑わいでした。なお、ナンはBuffetには置いて無く、焼きたてをテーブルに持ってきてくれます。

サンノゼにはベトナムタウンもあり、ベトナム人人口はベトナム国外で世界最大とのこと。Yelpで評価高かったので行ってみることに。予約はできず店頭のタブレットかYelpから順番待ちをする必要があるので、ホテルを出るときにYelpの順番待ちに書き込み、その時点で25番目とのことだけど10分ほどして現地に着いたら5分も待たずに入れた。
3種類の生春巻きと牛肉入りフォー、ビール3本で$48+チップ。春巻きも大きく(半分に切ってあるがその半分が日本でのサイズ位)、フォーも結構量が多いので日本人的には二人で一つで十分な気がします。アルコールはビールのみ。
ベトナムタウンは倉庫街のような感じで、それなりに人の出入りはあるものの身を守るためにはUberやLyftは店の前までお願いしましょう。

生春巻き
90CC2D36-391E-48E8-9625-F26472C34C18.jpg


食べきれなかった場合は
Buffet以外、食べきれなかった料理は店がDoggy bagに入れてくれ、持ち帰り可能な模様。Alexander'sで両隣のテーブルは24ozのT-BONE頼んでいたのですが、どちらも全部食べきれず持ち帰っていました。日本だと食中毒の責任とかでできないところがほとんどですが。Pho Ha Noiはフォーを半分以上残して持ち帰っていた人もいてw、お店も円筒形のプラ容器を用意してました。
posted by K's at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2023年01月12日

Zipairでサンノゼへ

2022〜2023年の年末年始、コロナ禍後3年ぶりの海外旅行でJALが作ったLCC、Zipairを初めて使ったのでその記録と感想。いずれもそのときの状況なので閲覧される時点で変わっている可能性が高いです。

使ったのは2022年12月に就航開始のサンノゼ便。2022年9月末頃に予約し、料金はZip Standardで一人あたり往復で約13.5万円。サンノゼ就航記念料金だったせいか、ロサンゼルス便やホノルル便よりかなり安かったです。年末年始とあって往復ともほぼ満席でした。

あくまでも私の印象ですが、搭乗客は往復とも日本人やアジア系が多い印象があり、現地で久々に再会した知人やワイナリーを巡った際のガイド(いずれも白人系)はZipairがサンノゼに就航したこと自体を知らなかったので、現地の非アジア系の人たちにはまだまだ知らしめる余地があるようです。

IMG_2156.jpg
  1. チェックイン
    • 成田は第1ターミナル北ウイングにあります。
    • コロナ対策でイレギュラーな書類提出(アメリカはコンタクトトレーシングなど)があるためか、事前のオンラインチェックインやキヨスク端末を使ったチェックインはできず、カウンターでのチェックインのみ。
    • 成田では行き先別に並ぶ列が分かれているのですが、わかりにくく、私たちは最初ロサンゼルス行きの列に並んでしまいましたが、ちょっと進んだらサンノゼ行きの看板が見えたのでそちらに並び直しました。
    • サンノゼはターミナルBにあり、カウンターでのチェックインです。その後はアメリカならではの靴も脱いで全身スキャンもあるセキュリティチェックを経て、出国審査無くエアサイドへ。プライオリティパスでも使える空港ラウンジThe Club at SJCはZipairも使う国際線ゲート15の近く。ラウンジの飲食はブッフェではなく都度スマホやタブレットで頼むスタイルでした。
  2. 機内食と機内販売
    • 機内食は事前予約制。私たちは予約時に座席指定、受託手荷物1個23kgまでを含んだバリューパッケージを購入しました。パッケージに含まれるのは単品で買うと1,200〜1,500円位の機内食メニューでは最廉価のもの。
      • サンノゼ行きは頼んでる人は周辺見る限り半分もいないくらいな印象。実際、客室乗務員はカート使わず都度ひとつ2つと持ってきていたので注文してる人はそれほど多くないのかもしれない。相方のそぼろご飯が出たのが離陸後2時間くらい、私のバターチキンカレーはさらに30分くらいかかった。
      • 成田行きではカートで配っていたので、そこそこの人が頼んでいたのかもしれません。サンノゼの保安検査の行列に並んでいたときに話をした現地在住の日本人の方は食事は頼まずサンドイッチ持ち込んでます、ってことでした。
    • 機内販売が始まるのは機内食の配布後。サンノゼ行きでは機内販売が始まるアナウンスあったのは離陸から3時間後。自分のスマホなどから機内WiFiにつないで注文する仕組み。カードかZipairポイントで決済できるが、ポイント決済に少々難あり、最後の改善してほしい点にまとめてあります。
    • 機内販売のお値段はお菓子は250円〜、水や清涼飲料は350円〜、ビールや酎ハイが500円〜、ワイン(185ml)が1,000円〜。Zipairオリジナルグッズや生理用品(400円)、歯磨きセット(400円)、USBケーブル各種(1,500円)、Bluetoothヘッドホン(2,500円)、ネックピロー(800円)、ブランケット(1,500円)なども販売されています。
    • 機内WiFi接続時の画面など↓
    • IMG_2296.PNG
  3. 座席
    • エコノミー(Zip Standard)のシートピッチ79センチ(31インチ)、3−4−3配列。行き8時間、帰り11時間のフライトにはどうにか耐えられるレベルかと。現行のスカイマークのB737が同じ79センチだそうです。
    • 自分が経験したのと比べてみると
      • 香港−ケープタウン(15時間)のキャセイパシフィックのA350:32インチ
      • ANAのホノルル線のA380:34インチ
      • JetStarオーストラリア国内線A320:28インチ
    • ブランケットや枕の提供はありません。必要なら持ち込むか、機内販売や事前オプションで購入が必要です。
    • ビジネス(Zip Full-Flat)にしてもフルサービスキャリアのビジネスに比べれば激安で、サンノゼ、ロサンゼルスからの帰国便はフライト時間も長いので空いているなら利用価値は有りかと。なお、Zip Full-Flatにしても素の運賃には機内持ち込み手荷物7kgしか含まれていないので座席指定、食事、受託手荷物はオプション購入必要。
    • エアコン吹き出し口の結露。成田行きで私たちの前列窓側のエアコンダクトが結露し、成田着陸時窓際の席には水がしたたり落ちていました。これB787の登場時からあった問題かと思いますが、改善してないんですね。
  4. 機内エンタテインメントなど
    • 機内WiFiで映画(10作品)、Sportifyコンテンツ、オリジナル映像、音楽、Ebookなどが提供されています。
    • 私はiPadにアマプラで見たいものをダウンロードしておきそれをひたすら見てましたので提供されていた機内エンタメは活用せず。
    • インターネット接続は無料だが不安定。サンノゼ行きでは余り問題なくつながったが(寝てたから余り使わなかったというのもある)、成田行きではかなり不安定でなかなかつながらず、接続するもすぐ切れる、という状態の繰り返し。機内販売でポイントを使うのに少々苦労。
  5. サンノゼ空港(SJC, Norman Y. Mineta San José International Airport)
    • A、B2つのターミナルがあり、ZipairはターミナルBを使うが、入国手続きと税関を終えた国際線の出口はターミナルAといってもいいあたり。ライドシェアを使うなら出口出て信号渡り、左に進み、駐車場の建物の1階道路際にあるターミナルAのライドシェア乗り場1番になります。ターミナルBのライドシェア乗り場8番はターミナルBの北端なので国際線の出口からはすごく遠い。ライドシェアを使ったり現地の人に迎えに来てもらうときはピックアップ場所に注意。SJCオフィシャルサイトの案内もご参照のほど。
    • サンノゼには定刻の8時より早着し、7:30頃にはターミナルに着いていたのですが、準備が整っていないなどの理由(おそらくこの時間の国際線到着がZipairだけなので入国審査官や税関の準備が間に合っていなかった?)で30分以上機内で待たされました。入国便は私たちの便だけだったようですが、入国審査は2〜30分位はかかったかな。入国審査エリアでも空港の無料WiFiは使えました(現地SIMのアクティベートが間に合っておらず使えなかったのでUberの手配などに使えて助かった。。)
    • ライドシェアを使って空港に行くとき、Uberは行き先にSJCを指定すると航空会社の選択肢にZipairが出てターミナルBに連れて行ってくれたのですが、Lyftは同じようにしても航空会社の選択肢にZipairは出てこなかったこともあり、空港に行くには使いませんでした(楽天が一部とはいえ株持っているのにね)。改善されていることを祈ります。
    • サンノゼのダウンタウンと空港は非常に近くて便利ですが、離着陸ルートの真下にあるので、ダウンタウンのホテルに滞在した場合は飛行機の騒音に覚悟を。次回行くならLos Gatos、Saratogaあたりの滞在にするかなあ。
  6. 滞在中のこと
    • 大雨が一段落した12月31日の夜、現地の知人がJapan Townにある浄土真宗のお寺、San Jose BetsuinのJoya-E(除夜会)に連れて行ってくれました。いわゆる大晦日のお務めで、日本に帰国していたお寺の役員の方も島根からZoomで参加され、参列者全員で読経(大きな漢字に読みがローマ字で振られていて、英語で意味の解説も書かれているお経を渡されました)、役員の方の講話、焼香、境内の小さな梵鐘を参加者が順番について行くというものでしたが、異国の地の除夜の鐘つきというなかなか得がたい経験をさせてもらい、彼には感謝しています。お寺の作りが日本と違うのは畳敷きではなくキリスト教会のように長椅子で、その長椅子の背もたれにはお経などを入れるラックがありました。
    • 短期滞在で行く場所がある程度決まっているならライドシェアだけでどうにかなるかも。あくまでもベイエリア一部地域に滞在しただけの印象ですが、レンタカー、公共交通機関を使わずとも、UberやLyftだけでどうにかなってしまうのではと思いました。現地の知人からは極端に料金が違うこともあるからUberとLyft両方入れておいた方がいいと言われていたので、両者を適宜比較しながら使いました。料金算定のアルゴリズムはわかりませんが、ざっくりと計算するとマイルあたり$2~5位かと。
    • ワイナリー。Napaほどではないのですが、Los GatosやSaratogaの南のSanta Cruz Mountainsにいくつものワイナリーがあり、訪問できるところも多いです。また、Los Gatos、Saratoga、San Joseには小規模なワイナリーのワインを販売し、試飲もできる専門店がいくつかあるので、ワイナリー行かずともそういう専門店に行くのも一興。ただ、ワイナリーは地元の人たちが自力で行くことが多いのか、Napaのようにワイナリーめぐりにわざわざこの地に来る人が少ないのか、この界隈でワイナリーツアーをやっているのは探した限り、私たちが使ったLos GatosにあるTommy John's Wine and Brew Tours位の模様。雨の中、山道を走り、Ridge Vineyards, Picchetti Winery, Savannah-Chanelle Vineyardsの3つのワイナリーを回りました。気配りがあって話し好きなJohnがガイドしてくれるので興味ある方は是非どうぞ。
    • インフレ実感:サブウェイの6インチ(日本で言うところのレギュラーサイズ)が$9.5(1,200円!)と日本の倍以上、Peet's CoffeeでAmericano Sが$3.75, Cappuccino Sが$4.25と、1ドル100円としても高い。レストランのお勘定などはまた別の記事で。
    • マスク着用状況
      • 成田空港への電車内、成田空港内、現地までの機中:ほぼ100%
      • SJC到着後、入国審査、税関エリアでは7〜8割程度、入国審査官や税関員は着用している人もいるが少ない。基本的には本人に任されている
      • 街中を歩いている人はほぼマスク無し。ショッピングモールなどでもマスクは義務でないので着用者は少数。高齢者はどちらかというとしている人が多いかなと。手指消毒のアルコールも補給されず放置されているのも多数
      • UberやLyftの運転手:している人としてない人半々位
      • ホテル:客はほぼ着用していない、スタッフの一部着用、ハウスキーピングの人は着用比率が高い
      • レストラン、カフェ、ワイナリー:スタッフは皆マスクをしているところと本人の意思に任されているところがある感じ。どちらかというと後者が多かったように思えた
      • コロナで海外も衛生意識変わったかなと思ったけど、レストランでのおしぼり提供はなく、皆外から来たそのままの手でパンなど摘まむ。日本のおしぼりになれている人間としては、パンなど手で食べるのに手も洗わない、というのは抵抗あるのでコロナ以前から手拭き用のウエットティッシュを持参していましたが、この習慣は継続必要かと
  7. Zipairに改善お願いしたいこと
    • 機内販売を食事前に開始するか、事前予約できるようにしてほしい。機内販売が機内食の配布後に開始なので、酒をつまみに機内食ができない。食事前に販売する、事前予約制にして食事と一緒に出すなどして欲しいなと。
    • Zipairポイントをオフライン状態でも利用できるようにして欲しい。機内販売にはZipairポイントが使え、またJALマイルからZipairポイントに交換もできるので、余っていたJALマイルを事前に交換しておいたのですが、機内でポイントを使うにはインターネットにつないでログインしなければならない。サンノゼ行きは特に問題なかったのですが、成田行きはインターネット接続が不安定で私のiPhone、iPadいずれもインターネット接続とログインができない状態でした。幸い相方のがどうにかつながって(それでも行きほど簡単ではなかった)、ワインを頼めましたが、事前予約/決済でポイントを使えるようにする、事前にZipairアプリにZipairポイントを充当しておけるとかの仕組みにして、オフライン(機内からインターネット接続ができない状態)でもポイント利用できるようにして欲しいところです。
IMG_2124.jpg
posted by K's at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2022年12月25日

米国単位換算早見表

アメリカ旅行用の単位換算早見表。
pngファイル(画像リンク、以下サムネ)はそのままスマホにでも取り込んで使いたいときにさっと参照できます。
us_unit_conversion.png
xlsxファイル(us_unit_conversion.xlsx)は元データで換算する数字やレイアウトを変えたいという方どうぞ。

アメリカではインチ、マイル、華氏、オンス、ポンドといった日本人には慣れない単位で判断しなければならない。

google先生で換算もできるし、最近はChat GPTで「38オンスのトマホークステーキってどのくらいの量あるの」って聞けば「38オンスのトマホークステーキは、約1073.3グラム程度の量です。1オンスは28.35グラムですので、38オンスは38 x 28.35 = 1073.3グラムです。トマホークステーキは、一般的に大きめのステーキの一種で、肉厚が特徴的です。38オンスのものは、かなりの大きさとなりますので、食べる人数や食事の時間を考慮して提供されることが多いでしょう。」てな答えが返ってくる時代。

とはいえ都度入力したり計算するのも面倒なので、スマホを開けばさっと見られる状態にしたいと自分の旅行用に作りました。使いたい方いらっしゃればご自由にどうぞ。単位換算はエクセルのConvert関数を使っています。Convert関数の詳しい使い方はこちらにも。



続きを読む
posted by K's at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2021年08月04日

群馬⇔東京で使う鉄道経路

冬場に突然雪が降ったときに自家用車以外の手段で群馬(太田市)の実家に行かねばならないとき、りょうもう号で太田まで行ってレンタカー使うのがデフォルトだったが、いかんせん時間かかるなと思っていたが、この記事読んで納得。次回こんなケースな時は熊谷駅か東松山駅(森林公園駅にはレンタカーがない)周辺からレンタカーも検討しよう。


タグ:雑学 備忘
posted by K's at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2020年05月20日

南アフリカ・VAT(付加価値税)還付手続(2020年版)

2019−20年の年末年始は私たちにとって二度目の南アフリカでした。今回はステレンボッシュに滞在して動かずひたすらワインに浸る生活でした。チェックイン時に「スパークリングでもいかが?」から始まり、朝食ブッフェではマグナムのMCCを開けてくれた某ワイナリーホテルの生活が懐かしい。。。

IMG_9134.jpg

さて、前回(2015-16年)同様ワインを買い込み、VATの還付手続もやってきましたので、前回との相違点を中心にまとめました。

VAT申請明細
VAT還付明細

・税率Up!
2016年は14%でしたが、2020年1月時点では1%上昇して15%となっています

・還付に時間がかかる

今回還付まで約2ヶ月かかりました。前回は南アフリカ出国後数日で渡されたマスターカードに残高がロードされましたが、今回は手続書類に「3−4ヶ月かかる」との記載あり、前回に比べ大幅に時間がかかるようになりました。私たちの場合南アフリカ出国後2ヶ月後にロードされました。

・進捗状況のメール通知が来るようになった
 空港での還付手続時にメールアドレスの記入を求められ、そこにnoreply@taxrefunds.co.zaのアドレスから進捗状況のメールが来ます。時間がかかることで導入されたのでしょうかね。

・今回の還付までの流れ

出国1ヶ月後くらいに「STATUS UPDATE - 」としてVAT還付申請書に記載したアドレス宛にメールが届き「This is to confirm that we have completed our internal auditing on your refund, and your claim was therefore submitted to the South African Revenue Service (SARS) on the 4 February 2020. It takes SARS an estimated time period of 4 months from the date the claim was referred to their offices, for them to finalize a refund. (書類の監査が完了し、2月4日付で南アフリカ歳入庁に提出された。返金までここからおよそ4ヶ月かかる」との旨。さらに1ヶ月後に同様のメールが届きました。
 2回目のアップデートメールが届いてから1週間ほど後の3月上旬、「Card Activation - Tax Refunds」として「Your VAT Refund Card has been activated and loaded and your card was loaded with USD XX.XX」と還付額のロードとカードのアクティベーションが完了したことの通知が届きました。早速サイトでカード番号を入力し、ロードされていることを確認しました。ロードされた後のカードは普通のマスターカード扱い店で利用できます。毎回のトランザクション時にPURSE CONVERSION FEEとして約5%の決済手数料らしきものが加わっているのもほぼ前回同様です。
VAT還付カード残高


このブログを書いているのは緊急事態宣言が一部解除された時期ですが、私たちが南アフリカに行っていた年末年始は武漢でSARSの様な肺炎患者が見つかっているという報道がBBC等で流れ始めていた頃。帰途の香港トランジット時にはマスク姿の人も目立ちました。その後COVID-19と命名されたこのウイルス感染症はその素性を考えると天然痘のようにワクチンで封じ込めるようなことは難しいと思われ、今後も感染を防ぎながらも何らかの形で共存して行かねばならないと思います。有効な感染防止対策、治療法などが早く見つかり、自由に海外に行ける日常が早く戻ってきてほしいと切に願います。
posted by K's at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2020年03月29日

ケープタウン国際空港での現地SIM入手方法

情報があまりないのでまとめておきます。2020年1月時点の情報です。

現地キャリアのSIMはケープタウン空港で簡単に入手可です。
国際線ターミナルに到着し、入国審査を通過し、手荷物引き取りエリアに行くとVodacomともう1社のカウンターがありました。手荷物を待つ間にカバーエリアが広いと聞いていたので私はVodacomのカウンターにいき、そこで希望を言うとプランを提案してくれ、メモをくれます。SIMはここで購入するのではなく、税関通過後のカウンターで買う仕組みです。

荷物を引き取り、税関通過後、そのメモをVodacomのカウンターに出せばスタッフが決済とSIMのアクティベーションをしてくれます。パスポートなどの提示は不要でした。私の場合プリペイドで1ヶ月間有効の1GBデータとZAR55相当分のエアタイム(通話)が付いたパッケージをZAR309(約2400円)で購入。内訳はSIM代105、データ149、エアタイム55。

電話番号とデータの残高はアクティベーション後に来るSMSで確認できます。

SMSによる番号党の通知



エアタイムやデータの残高は*135#をダイヤルし、返信メッセージの選択肢に従って番号を入力すると確認でき、SMSに詳細を送信させることもできる。以下はケープタウン空港を発つ前に確認した残高。ホテルがWiFi完備だったこともあり、1週間の滞在で使ったデータは360MB位。500MBプランでも十分だったかも。

SMSでの残高確認



SIMカード購入時のクレジットカードはVISAかマスターのみ利用可。南アフリカではAmex、ダイナースなどがメインカードの方はVisaかマスターのカードもサブカードとして忘れずに。

ほか手荷物引き取りエリアは両替カウンターと小さな免税店がある。ATMは税関通過後に何カ所かある。ATMの利用手数料は銀行によるが1取引あたりR50〜75程度。

入国審査、税関は到着便がそれほどないせいか、割とスムーズで着陸後30分くらいで出迎えのドライバーと遭遇し、ワインランドの宿に向かいました。

posted by K's at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

機内15時間の過ごし方

2019-20年の年末年始の旅行はたまたまとれたキャセイパシフィックの香港ーケープタウン直行便で南アフリカへ。
香港から乗り換えなしでケープタウンまで行けるのは便利だけどそれは14時間半のフライト。12時間は欧州や米国東海岸線で体験済みなるも14時間のエコノミークラスは未経験ゾーンだったので、中年のおっさんがどうしたら快適に過ごせるかをいろいろ考えた。

ゆったりとした服装
機内ではゆったりとした服装でいた方がいいらしいとのこと。ジャージが良いらしいのでそれを持ち込み、搭乗前に着替え、機内はそれで過ごし、着陸1時間ほど前にトイレでチノパンに着替え。上はTシャツにフリース、足は五本足靴下を履いて機内ではビーチサンダルに履き替えました。


CAが回ってくれるとはいえ、機内では喉が渇く。飲みたくなったときにすぐに飲める方がいい、とのことで行きは乗り換えの香港の免税店で750mlのエビアンを私と相方それぞれ1本購入して持ち込む。これが正解。最初の機内食(晩飯)に250mlの水は付いているも、それを飲み干すこともあり、持って行って正解でした。帰りは買い忘れたため、ケープタウン空港のラウンジで1Lのボトルをいただいて持ち込みました。
機内食は以下のような感じで、可も無く不可も無く。帰りの香港行き便は朝ご飯にCongee(おかゆ)も選べたのが香港のキャリアっぽいです。
CPX_20200116.jpg


同じく14時間くらいかかるサンフランシスコー香港を何度かやっているUS在住の知人から「Bcozzyの枕」が一押しだったので、これのLサイズを購入。確かに楽でした。

新聞
相方が数独が大好きなので大抵の英字新聞に載っている数独を確保するため搭乗時に必ず新聞を確保します。数独を確保した後はこれを足下に敷いて荷物はその上に載せたり、場合によってはサンダルを脱いだ足をそこにそのまま放り出せます。

実際のフライトは風やルートの関係もあるのか、香港からケープタウンまでは15時間近くかかりましたが、この3つのおかげで割と快適に過ごせた感じです。キャセイパシフィックはLCCほどきついシートピッチではなかったのも幸いしたかと思いますが。写真は実際の座席ピッチ(機材はA350-900)。
CX A350 Y class seat pitch

posted by K's at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2019年11月11日

ウルル(エアーズロック)滞在と観光情報

Uluru滞在中のアクティビティについて。季節的には12月(現地の夏)の情報です。


Sound of Silence

夕焼けを見て夜空の下でディナーという趣向の企画です。詳細はリンク先参照

18:30頃バスでホテルを出発し、まずはUluruとKata Tjuta両方が見える丘で夕日鑑賞、ここで飲み物とフィンガーフードのサービスあり。その後丘を徒歩で下ってダイニングエリアに移動し、夕食。夕食はブッフェで取りに行くのはテーブル単位で案内されます。エントリーからメインまでのブッフェと、デザートブッフェがあります。メインのブッフェの後に星空鑑賞(解説付き)あり。星空鑑賞は星座の説明もあるため英語ではちょっと難しいかも。現地の夏場に行く方は、オリオン座とシリウスが日本で見るのと上下逆さまになっているのを確認しましょう。テーブルは10人掛け程度。会話は当然英語。

ツアーを紹介している写真ではUluruが結構近くに見えるが、ここまで近くには見えない印象。

夏場は日が沈んでも結構暑く、吹く風も熱風。ドレスコードもないのでTシャツ短パンで十分ですが、夜間に砂地を歩くのでサンダルやハイヒールは止めておきましょう。ディナーを終えてホテルに戻るのは23時頃。翌日朝の予定を入れている場合は注意。国立公園には入らないので入場券は不要。写真は夕焼けを見てからディナー会場まで歩くツアー参加者と奥に見えるKata Tjuta


IMG_0856.JPG

Desert Awakening Tour

朝のUluruを見ましょうというもの。詳細はリンク先参照。国立公園の入場券が別途必要です。

4:30にホテル発。25人乗りくらいのトラックを改造した4WDでまずはUluruとKata Tjuta両方が見える丘に行き、そこで日の出を待つ(Sound of Silenceの場所とは違う)。他のグループは合流せず私たちのグループのみなので、いくつか場所があるのかもしれません。日の出を待つ間にドリンク、フルーツ、Damper(オーストラリア風のパンと言うべきもの)などがサーブされる。夜明け前の雷鳴も見えたりしてなかなか見事です。


日の出を見る丘にあるデッキからのタイムラプス映像

日の出を見た後、車で国立公園内に入り、Uluruの周りのウォーキングルートを歩く。私たちの時はまずMala Walk周辺を散策後、時計回りにUluruを回ってMutitjulu Waterhole Walkを散策後、Culture Centerに立ち寄り、最後はBus専用のViewing pointに立ち寄りホテルへ。Culture Centerにはアボリジニーアートの製品を売っている店が3軒ある。

ツアーの間でトイレがあるのは食事場所、登山道とMala Walkの駐車場、Culture Centerの3カ所。男性の小は問題ないと思いますが女性は便座に座るのがいやになるところもある模様なので、気になる方は適宜準備を。

国立公園の入場券(A$25、3日間有効)はツアー料金には含まれていないので、国立公園のゲートで購入するか、オンラインで前もって買っておいてiPhoneならWalletにQRコードを入れておくか、チケットを印刷しておきます。ツアーで行く場合はゲートでガイドによるチェックがありますので、チケットなしで入場することはできませんよ。レンタカーでKata TjutaやUluruに行くときもは入場券は必要です。このときは無人ゲートでチケットのQRコードかざすとゲートが開きます。


UluruとKata Tjutaのサンセット

レンタカーを借りていたので、ここのBrisbane41さんが書いていたTipsを参考に、日没時間を狙ってTalinguru Nyakunytjaku へ。左から沈みゆく太陽、遠くにKata Tjuta、右側にはUluruがだんだんと闇に消えゆく光景を楽しめました。


IMG_0904.JPG

Kata Tjutaは見る角度によって見え方が変わるのでUluruよりは興味深く思えるかもしれません。私的に、Uluru方面から行くとまずモアイが寝ている横顔のように見え、近づくとナウシカに出てくるオウムが何匹か並んでいる姿に見え、そしてValley of Windsの入口では浮上してきた潜水艦のように見えました。Kata Tjutaはたくさんの頭という意味で、Uluru方面から見るとUluruに比べて、畏怖を感じました。

写真は上がValleys of Windsに向かう道中から。ナウシカのオウムが並んでいるように見えます。
katajuta.png

こちらはValleys of Winds付近の光景。まるで浮上してきた潜水艦
IMG_0899.JPG

レンタカー

Uluruのレンタカーは走行距離無制限ではなく、24時間あたり100キロを超えると1キロ単位で追加料金がかかる。リゾートとKata Tjutaを往復すると約100kmなので、それ以上何かすれば追加料金かかると考えておいた方がいいです。私たちの場合Kata TjutaとUluruのサンセット見物、その翌朝にKata TjutaのLook outからの日の出見物をしたこともあり、トータル走行距離は233キロで133km分のサーチャージA$33(A$0.25/km)とられました。

観光で行くところはほぼ舗装路なので、趣味や収容力の関係で必要な方以外、4WDを無理に借りる必要性はないと思います。私たちはコンパクトクラスのヒュンダイで十分でした。ガソリンスタンドはリゾート内にあるシェルのみで、リッター2ドル程度と、シドニーの1.8〜2倍くらいでした。

免許証はHertzの車を借りるのであれば国際免許証を取得する必要なく、Hertzのサイトで免許証の翻訳フォームを申請して印刷し、レンタカーを借りるときに日本の免許証と一緒に提示すればOK


Wintjiri Arts + Museum

リゾート内のEmu Walk ApartmentとDesert Gardens Hotelの間にある施設。UluruやKata Tjutaがどうやってできたかの地質学的な解説などもあり、ツアーに行く前に見ておくとガイドの説明もわかりやすくなると思う。


posted by K's at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2019年10月25日

エアーズロック空港とジェットスターのオーストラリア国内線

ウルルへの玄関になるエアーズロック空港(AYQ)の情報とそこまでのジェットスターのフライトの感想などを簡単に。2018年12月時点でのものです。

ウルルを見るなら
現地の夏場は基本南風が吹くようなので、ウルルに向かうときは進行方向左側の席に座ると着陸に向けた旋回までウルル(エアーズロック)がよく見える。ドレッドヘアの人の横顔のように見えるあたりがみえるが、Desert Awakening Tourのガイドの説明では、このあたり(Uluruの東側から南側にかけてのあたり)は神聖なエリアで撮影禁止。山腹にも撮影禁止の看板があるので注意しましょう。同条件(南風)での離陸時は右側の席に座ると最後までウルルの姿を目にとめていられます。

WiFi
空港の無料WiFiのIDはComplementary Wifi。IDつかんだ後に出てくる画面でComplementaryをクリックし、次の画面にチェックを入れればOK。ただし1時間でセッション切られるので、フライト遅れなどで1時間以上つかうときはいったんWifiをオフにして新たなセッションでつなぎ直せばOK。充電したいときは壁の至る所にオーストラリア仕様のコンセントあるのでそこでどうぞ。

Jetstar感想
私たちは予約したときに荷物と食事がセットになっていた料金をチョイス。これに含まれているLight mealは15ドル相当までの機内販売アイテムを注文可能。175mlのワイン(赤、白、スパークリングからチョイス)とチェダーチーズ、クラッカー、サラミのセットが14ドルなので飲んべえにはこれが最適。乗務員は座席番号で乗客ごとのオプション内容を把握しているのでカートが回ってくるまでにメニューでも眺めて選択を決めておきましょう。シートピッチは本当に狭いので、3−4時間乗るのが限界な感じです。
帰国時はケアンズから関空までジェットスター国際線のビジネスクラス。シートはエコノミーよりは断然楽ですが、JALやANAのプレエコレベルと言うところでしょうか。ワインもメニューには赤白4本ぐらいずつあったのですが、搭載していたのはそれぞれ2本と(>_<)。

posted by K's at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

ウルル(エアーズロック)情報 (2018年12月時点)

2018−19年の年末年始、世界最大の一枚岩ことウルル(Uluru)、通称エアーズロックに行ったので今後行く方のため備忘録を。写真なしひたすらテキストのみ。

ウルルについて
ウルルはオーストラリアのほぼ中央部にあり、滞在先はウルル観光のために作られた町ともいえる「エアーズロックリゾート」になります。エアーズロックリゾートは様々なレベルの宿泊施設からスーパー、ガソリンスタンド、医療機関、スタッフ向けの住宅や学校などがあります。また、エアーズロック空港もリゾートが運営しています。この大陸のど真ん中にある、陸の孤島への物資補給のため、1,600km以上離れたアデレードから、ロードトレインと呼ばれる全長55mにもなる長いトレーラー(新幹線2両分ちょっと)が週2回、食料品からトイレットペーパーまでの様々な物資をリゾートに輸送し、そして、リサイクルされる廃棄物がその帰り便に乗せられてアデレードまで送られていると。

気候
南半球なので日本と季節は逆になります。そして、内陸と言うこともあり夏は酷暑です。私たちの滞在中はずっと晴天。日中の最高気温は46度、アスファルトも溶けるし、素材によっては靴底も溶けて小石がくっつく気温です。日が沈んでも熱風が吹き付け27度くらいという感じです。行動できるのは朝か夕方以降で、日中は正直外に出る気力は起きませんでした。幸いにも湿気がほとんどないので日差しを凌げば日本の夏ほどの暑さは感じません。
時期をえらべるのであれば、日本の春か秋に行くのが良いかと思います。現地ガイドによれば4−5月頃がおすすめと。

蠅が多い
蚊はいないが蠅が多く(特に夏場は多いらしい)、リゾート内はもちろん、UluruやKata Tjutaを歩いていてもまとわりついてくるので非常にウザい。ウルルやKata Tjutaを歩く際に顔を覆う防虫ネットを被っている人も多かったです。気になる人は防虫ネットを持って行くのが良いかと。リゾート内Town Squareにある売店でも入手可能です。

宿泊施設
こちら(エアーズロックリゾートのサイト)にあるとおり、リゾートホテルからキャンプサイトまで、予算に応じて様々な宿があります。総じて値段は高めです。
超高級アコモデーションLongitude 131はエアーズロックリゾートから少し離れたところ、ウルルに近い場所にあります。

私たちが泊まったのはEmu Walk Apartmentというキッチン付コンドミニアム。部屋は50m2位の1LDKで寝室(ツインかダブルベッド)、ソファベッド2台とテーブルのあるリビング、キッチン、テーブルのあるバルコニーが付いていて、最大5人程度まではOK。キッチンはIH。食器やカトラリーは一通りそろっていますが、調味料や油類はありません。洗濯機と乾燥機はあるが、洗濯物を干す場所はないので乾燥機を使いましょう。240Vなので2−3時間乾燥機にかければ乾きます。
アメニティは洗剤やシャンプー−、石けん、リンス、洗剤(洗濯用と食器洗い用)、水がありますが、スリッパとティッシュペーパー備え付けなし。チェックイン3時からだが部屋が用意でき次第入れてくれる。また、滞在中にタオル、清掃交換不要の札をドアに出しておくとチェックアウト時に10$のクレジットをつけてくれて実質値引きしてくれます。
部屋の広さや設備は申し分ありませんが、建物の構造的に数段ですが階段でのアクセスが必要な部屋が多く、大荷物の人、車椅子など体に不自由な人は正直使いにくいかと思います。

インターネット
リゾート滞在者は滞在中Wifi利用可能。Camp Groundを除けばほぼリゾートの施設全体をカバーしており、チェックイン後部屋で認証すれば、以後リゾート内の施設ならどこでも同じように利用可能。ただし、1部屋のアカウントで同時接続できるのは3台までで、4台目をつなごうとすると拒否されます。

食料、日用品の買い物
リゾート内のTown SquareにあるIGAというスーパーがリゾート内ただ一つのスーパー。肉もお手頃価格だし、私たちが泊まっていたEmu Walk Apartmentはキッチン付コンドミニアムだったので、自炊を考えてみたが、キッチンには調味料もなく、また、スーパーで缶、瓶ビールやボトルワインなどのアルコールがおいてないこと、下にも書いたがアルコールを売っている店で買ってもレストランで食事しながら飲むのと値段が変わらないと言うこともあり、自炊はやりませんでした。滞在中の飲み水はホテルの部屋にあるのでは当然足りないのでここで買いましょう。水は1.5Lの6本パックがGST込みでA$9.99。

部屋飲みしようとするとアルコールは高い
スーパーのIGAではアルコール類は一切は販売されておらず、手に入れたい場合はOutback Pioneer Hotel & LodgeのBarまで行く必要があります。ビールは1本7−8ドル、ワインは30ドルくらいとレストランで飲むのと同じくらいの値段。また、一人あたりの上限が決められており、ビールは1日6本までとなっています。リゾートの従業員やその家族、アボリジニーの人たちも住んでいるため、ここで買う以外に他に何らかの方法で手に入れられるのかもしれませんが、短期の旅行者には方法はわかりませんでした。
自炊をしたい、何人かで滞在して部屋飲みしたいなと言う向きは、飛行機の預け入れ荷物料金次第かと思いますが、Uluruに向かう前にシドニーなどでビールやワインを箱ごと購入して持参した方がいいかもしれません。

posted by K's at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域