2016年07月28日

粟国島メモ

DSCF6761.jpg

粟国島にようやく行くことができました。
ただし、昨年同様台風にたたられ、かろうじて1泊3ダイブ(到着日2ダイブ、出発日1ダイブ)で、翌日には那覇にとんぼ返りと慌ただしかったです。とはいえ、ギンガメアジのトルネードとイソマグロの乱舞にも遭遇できたのでまあよしとします。

到着してすぐダイビングするなら昼飯は準備しておこう
粟国フェリーで到着後すぐにダイビングするなら、昼飯はフェリーに乗る前に調達しておいた方がいい。

粟国島の売店、缶ビールは350mlしかおいてない。
500mlじゃないと足りないという人はフェリーに乗る前に那覇で買って持って行こう。350mlしかおいてない理由は「暑くてすぐぬるくなるから」ってことだからとか(笑)

粟国フェリーは台風に弱い
粟国島の生命線でもありほぼ唯一の交通手段である村営の粟国フェリー。台風が近づくと粟国行きは非常に難しくなる。那覇からの航路の波浪状態に加え粟国港内にうねりが入りやすく、安定して停泊できないため、粟国発を繰り上げ出港となる、そしてその後海況がさらに悪化すれば数日間欠航となる。
また、定刻通りに就航するときは朝7時半に島内放送が流れるが、時刻が変わったりする場合は放送が流れない。普通これ逆じゃないか?と思うけど。。

なお、期間限定でヘリコプターを使った相乗りサービスが運行中。税金で補助が出ていてヘリコプター1機(最大5人まで搭乗可)片道108,000円のところを21,600円、5人で乗れば一人4,320円で利用可能。詳しくは粟国村公式サイトでどうぞ。

DSCF6771.jpg

海に囲まれているけど。。。
漁師がほとんどいないため、宿で島の鮮魚を食べたいという期待にはあまり応えられない。宿によっては宿の方が直接取ってきたり数少ない漁師から買い付けたりして島周辺の鮮魚を出してくれるところもあるようですが。

以上粟国島に関するメモでした。





aguni1.jpg







aguni2.jpg
タグ:沖縄 粟国島
posted by K's at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

2013年05月10日

Public transportation information of New Ishigaki Airport for foreigners

New Ishigaki Airport (ISG, Painushima Ishigaki Airport) Public transportation information to downtown Ishigaki and the piers for remote islands for visiting foreigners. The information is as of May 2013. Since the airport opened on March 7, 2013, and the dedicated road for the airport is still under construction, make sure to check the latest transportation information before your departure.

Bus
The public bus to downtown bus terminal is available and it is cheapest way to go to the downtown and the piers. From domestic terminal, turn left and walk toward international terminal. The airport bus stop is located in front of the international terminal. The bus departs every hour,  00, 15, 30 and 45 minutes after the hour during daytime. Approximately 40 minutes to the downtown bus terminal. The bus departs 15 and 45 of every hour stops ANA Hotel and Nikko Hotel on the way to the downtown bus terminal.
Fares:
The bus costs 540 JPY (One way) from the airport to the downtown bus terminal or ferry terminal. Payment shall be done when you get off.
The Protocol:
When you get on the bus, you have to take "Seiriken" (Ticket indicates which bus stop you get on by printing the number on the ticket. "整理券" in written Japanese ) from the machine besides the driver. All passengers get on the bus have to take the Seiriken. When you get off, you have to drop the Seiriken with exact fares into a fare drop box besides the driver.  If you do not have exact coins for the fares, insert 1,000 JPY bill into exchange machines attached to the fare drop box before you get off the bus. If you are traveling 2 or more persons, you can pay total fares by using bill and coin.
The fare varies if you get on or off other than the airport and the downtown bus terminal. In such case, check the number printed on the Seiriken, then look for the signboard on the top of the bus's front window, which shows fares to current bus stop from the bus stop you get on.
There are baggage areas inside the bus. Your baggage shall be taken into the bus with you.
If you can read Japanese, the bus company's website may be helpful for detailed timetable and one day or 5 days unlimited fares offerings.
 
Taxi
Just tell a taxi driver your destination, such as the name of the hotel you have booked. However, there are few drivers who can speak foreign languages, it will be helpful if you bring the paper with the name of the hotel you have booked and show it to the driver. Normally, taxi can accomodate up to 4 person, however, if you or your group are traveling with many baggages, it may be difficult to put them into the boots of the taxi.

Pier for the remote islands ("Ritou Terminal")
If you travel to islands other than Ishigaki, such as Taketomi, Kohama, Iriomote, Kuroshima and Hateruma, you have to go to "Ritou Terminal" (Piers for the remote islands) to take a boat to these islands.
If you take the bus, get off the bus at the downtown bus terminal (final stop). Then, it is approximately 2 minutes walk from the bus terminal. When you arrives at the bus terminal and get off the bus, turn right, pass in front of the ticket counter and turn left. Then cross the street and go straight. If you face the building, turn right, and you can see the entrance to the pier on your left. (You may find taxis and sight seeing buses are parking on your right hand side.).
* The bus departs the airport 15 and 45 minutes of every hour, which stops ANA Hotel and Nikko Hotel, also stop at the pier on the way to the downtown bus terminal.
As of 2018, all buses from ISG airport to Ishigaki bus terminal stop at Ritou Terminal, so you don't worry.
If you take the taxi from the airport, it takes approximately 2,770 JPY to the pier. Just ask driver  "Ritou Terminal Made Onegai Shimasu" (It means "Please take me/us to the pier for remote islands" / In Japanese writing: 離島ターミナルまでお願いします).

I hope this information helps you travel the southern most islands of Japan and enjoy your stay in these islands.

posted by K's at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

新石垣空港から石垣市街への交通手段

##2018年7月 夏の旅行に備えてアップデート中。行ってきたらまた書き加えようと思います##

2018年7月時点で、従来から路線バスを運行していた東観光に加え、カリー観光という会社が直行バスを1時間に2本運行しています。石垣空港から離島ターミナルまで30分で直行してくれる便なのでそのまま離島に行く場合、離島からそのまま空港に向かうときは便利かと思います。料金片道500円・往復920円。 石垣空港発:9時台から18時台まで毎時10,40分、19:10が最終便 離島ターミナル発:9時台から17時台まで毎時20,50分、18:20が最終便 詳細はこちら

手荷物配送サービス

石垣空港から石垣島内の宿泊先、離島桟橋、あるいは石垣滞在中の宿泊先から宿泊先への荷物を運んでくれるサービスも始まっていました。基本島内ですが、小浜島のはいむるぶしだけは離島なのに対象になっています。 石垣島ポーターサービス
以下は2013年5月に書いたものです。

新石垣空港(正式名称:南ぬ島石垣空港 - ぱいぬしまいしがきくうこう)、石垣の市内へのバスが空港のサイトとかバス会社のサイトでもうまく書かれてないので書いておきます。2013年5月時点の情報です。

バスターミナルは国際線ターミナル前にあります。沖縄本島や本土から到着して荷物を引き取ったら出口をでて左、国際線ターミナルに向かいます。

東バスの時刻表:
日中は空港発毎時00、15、30、45分。 詳しくはこちらの時刻表から「空港線」で確認を。
料金:
東バスは市内のバスターミナルまたは離島ターミナルまでは540円、往復チケットは1,000円。乗車時に整理券をとって、下車時に整理券とともに料金を入れます。小銭を用意しておいた方が良いですが、小銭がない場合は運転手横の料金支払機で両替してから整理券とともに料金を投入します。
運行会社の東運輸のサイトによると、1日乗車券や5日フリー券もあるので必要な方は事前に確認下さい。
離島らしい?!景色の中を40分程かけてバスターミナルに向かいます。途中、白保、宮良、大浜集落の中通るので空港アクセス道路の早い整備が待たれるところです。

離島へはどう行くの?
空港から石垣港 離島ターミナルに移動し、そこから各離島行きの高速船に乗ります。
タクシーなら「離島ターミナルまで」と言えば2,770円くらいで連れて行ってくれます(2013年に離島ターミナルのタクシー乗り場に記載されていた料金)。バスの場合も離島ターミナルまで行けばOK。なお、東バスの場合バスターミナルまで行っちゃうと2分くらい歩く必要があります(夏はきついよ。。)この地図の通り、バスターミナル(地図のAの上の空白部分)は離島桟橋のすぐ近くにあるので立ち寄れば良いのにと思いますが、バスは寸前で右折してバスターミナルに入ってしまいます。全てのバスを離島桟橋経由でバスターミナルに行くようにすれば歩く必要ないし、観光客の利便向上するのにと思うのだけど。昔はこんなバスがあったようですが今は全部離島ターミナル経由です。
各離島への船の時刻表や料金は船会社のサイトを参照下さい。船のスピード味わいたかったから安栄かな(笑)。安栄と八重山観光が提携しているので両社のどちらかのチケット持っていれば余り気にする必要ないかと。

posted by K's at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

2004年07月28日

旅行記(その11)宮古まつり

宮古島9回目にして初めて宮古まつりに遭遇しました。
今年は宮古まつり、サニツ浜カーニバル、オリオンビアフェスタが滞在中に開催となり(オリオンビアフェスタは残念ながら帰京当日であった)、海遊び以外の宮古島を楽しむことができました。
平良の市街地は歩行者天国となり、懐かしの夏祭りの雰囲気。琉球舞踊保存会の踊り、ミス宮古の選考発表などが行われました。そして、メーンイベントは東西に分かれた大綱引き。この西軍が定宿「ゆくい」のある狩俣青年団なので、当然のごとく西軍を応援します。3回引いて2勝した方が勝利となり、東軍が勝てば豊作、西軍が勝つと豊漁が約束されるそうです。
結果は、狩俣青年団のがんばりにより西軍が勝利し、豊漁が約束されました。また、大綱に使われた綱は家庭への縁起物としてお持ち帰りを、とのことでしたので、我が家にも2本いただいてきました。

第31代ミス宮古s
0717missmiako.jpg

綱引き:東西の大綱が芯柱で一本になります。
0717tsunahiki_1.jpg

綱引き:綱を引く狩俣青年団の皆さん
0717tsunahiki1.jpg

綱引き:西軍・勝利の雄叫び
0717tsunahiki2.jpg

宮古まつりの模様は宮古テレビも生中継。宿待機組もテレビで綱引きを楽しんでいたようです。
posted by K's at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

旅行記(その10)八重干瀬

宮古島の北東に広がる、宮古島より広いと言われる巨大珊瑚礁「八重干瀬」。
珊瑚の宝庫でもあり、海遊びの場でもあり、漁の場でもあり、島に様々な恵みをもたらしてくれます。
ウル付近からの眺め(その7の写真でA付近から)
0717yabuji_uru.jpg

ナカ・ガウサ付近からの眺め(その7の写真でB付近から)
0718yabiji_gausa.jpg

船に驚いて水面から飛び出すトビウオ(その7の写真でC付近から)
0718tobiuo.jpg

ただ、この珊瑚礁もはじめてきたときに比べるとその鮮やかさが衰えてきたような気もします。八重干瀬がいつまでも美しい八重干瀬であり続けるよう、気を遣いながらその恵みを受けられればと思います。
posted by K's at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄