2016年07月28日

粟国島メモ

DSCF6761.jpg

粟国島にようやく行くことができました。
ただし、昨年同様台風にたたられ、かろうじて1泊3ダイブ(到着日2ダイブ、出発日1ダイブ)で、翌日には那覇にとんぼ返りと慌ただしかったです。とはいえ、ギンガメアジのトルネードとイソマグロの乱舞にも遭遇できたのでまあよしとします。

到着してすぐダイビングするなら昼飯は準備しておこう
粟国フェリーで到着後すぐにダイビングするなら、昼飯はフェリーに乗る前に調達しておいた方がいい。

粟国島の売店、缶ビールは350mlしかおいてない。
500mlじゃないと足りないという人はフェリーに乗る前に那覇で買って持って行こう。350mlしかおいてない理由は「暑くてすぐぬるくなるから」ってことだからとか(笑)

粟国フェリーは台風に弱い
粟国島の生命線でもありほぼ唯一の交通手段である村営の粟国フェリー。台風が近づくと粟国行きは非常に難しくなる。那覇からの航路の波浪状態に加え粟国港内にうねりが入りやすく、安定して停泊できないため、粟国発を繰り上げ出港となる、そしてその後海況がさらに悪化すれば数日間欠航となる。
また、定刻通りに就航するときは朝7時半に島内放送が流れるが、時刻が変わったりする場合は放送が流れない。普通これ逆じゃないか?と思うけど。。

なお、期間限定でヘリコプターを使った相乗りサービスが運行中。税金で補助が出ていてヘリコプター1機(最大5人まで搭乗可)片道108,000円のところを21,600円、5人で乗れば一人4,320円で利用可能。詳しくは粟国村公式サイトでどうぞ。

DSCF6771.jpg

海に囲まれているけど。。。
漁師がほとんどいないため、宿で島の鮮魚を食べたいという期待にはあまり応えられない。宿によっては宿の方が直接取ってきたり数少ない漁師から買い付けたりして島周辺の鮮魚を出してくれるところもあるようですが。

以上粟国島に関するメモでした。





aguni1.jpg







aguni2.jpg
タグ:沖縄 粟国島
posted by K's at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

2004年07月28日

旅行記(その11)宮古まつり

宮古島9回目にして初めて宮古まつりに遭遇しました。
今年は宮古まつり、サニツ浜カーニバル、オリオンビアフェスタが滞在中に開催となり(オリオンビアフェスタは残念ながら帰京当日であった)、海遊び以外の宮古島を楽しむことができました。
平良の市街地は歩行者天国となり、懐かしの夏祭りの雰囲気。琉球舞踊保存会の踊り、ミス宮古の選考発表などが行われました。そして、メーンイベントは東西に分かれた大綱引き。この西軍が定宿「ゆくい」のある狩俣青年団なので、当然のごとく西軍を応援します。3回引いて2勝した方が勝利となり、東軍が勝てば豊作、西軍が勝つと豊漁が約束されるそうです。
結果は、狩俣青年団のがんばりにより西軍が勝利し、豊漁が約束されました。また、大綱に使われた綱は家庭への縁起物としてお持ち帰りを、とのことでしたので、我が家にも2本いただいてきました。

第31代ミス宮古s
0717missmiako.jpg

綱引き:東西の大綱が芯柱で一本になります。
0717tsunahiki_1.jpg

綱引き:綱を引く狩俣青年団の皆さん
0717tsunahiki1.jpg

綱引き:西軍・勝利の雄叫び
0717tsunahiki2.jpg

宮古まつりの模様は宮古テレビも生中継。宿待機組もテレビで綱引きを楽しんでいたようです。
posted by K's at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

旅行記(その10)八重干瀬

宮古島の北東に広がる、宮古島より広いと言われる巨大珊瑚礁「八重干瀬」。
珊瑚の宝庫でもあり、海遊びの場でもあり、漁の場でもあり、島に様々な恵みをもたらしてくれます。
ウル付近からの眺め(その7の写真でA付近から)
0717yabuji_uru.jpg

ナカ・ガウサ付近からの眺め(その7の写真でB付近から)
0718yabiji_gausa.jpg

船に驚いて水面から飛び出すトビウオ(その7の写真でC付近から)
0718tobiuo.jpg

ただ、この珊瑚礁もはじめてきたときに比べるとその鮮やかさが衰えてきたような気もします。八重干瀬がいつまでも美しい八重干瀬であり続けるよう、気を遣いながらその恵みを受けられればと思います。
posted by K's at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

旅行記(その9)宮古島の朝

東シナ海にのぼる朝日
0717sunrise.jpg
過去10年近く沖縄に通っていても見ていなかったものがありました。それは「朝日」。まあ、だらしない生活している証拠でもあります(笑)。7月17日、ふと5時半頃目が覚めてしまい、二度寝しようと思いつつ外を見ると良い感じ....これは、と思ってカメラを持って狩俣遠見台へ向かいました。遠見台からの朝日を見つつすがすがしいスタートが切れたかと。
posted by K's at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

旅行記(その8)宮古島の夕陽

0715yuyake.jpg
東シナ海に沈みゆく夕陽。7月15日午後7時半頃の宮古島 ゆくいのテラスにて。
posted by K's at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄