2016年03月23日

タジン料理をきちんと作ってみた

FT (Financial Times)に載っていたレシピでタジン料理作ってみました。
Lamb and tomato tagine

FTの食材は以下。
Ingredients
6cloves of garlic, unpeeled
1red chilli, cut in half lengthways
3shallots, peeled and halved
2large lamb shanks
 Salt and freshly ground black pepper
1 tbs eachcumin seeds, coriander seeds, fennel seeds
2 tinswhole plum tomatoes
1 heaped tspdried oregano
1 tspsugar
½lemon, thinly sliced
1small bunch runner beans (about 10-12 pods), cut into 5cm pieces

おおむねこれに従いつつも若干アレンジして以下を食材に
・骨付きラム肉(約800グラム)
・ニンニク 5−6片
・エシャレット 10本くらい
・タマネギ 2個
・クミンシード、フェネルシード、コリアンダーシード 各小さじ大盛り1杯ずつ
・トマト水煮缶 2缶
・インゲン豆 一袋
・レモンのスライス 2〜3切れ
・ミックスハーブ 少々

調理法も若干アレンジしました。タジン鍋がなくても、Staubの様に密閉性が確保でき、オーブンに入れても大丈夫な仕様の鍋であれば大丈夫です。

以下はFTの調理法
  1. Preheat your oven to a very hot 220C fan. In a tagine base or casserole place the garlic, chilli and shallots, top with the lamb shanks, season generously and place in the centre of the oven. Roast uncovered for 30 minutes, then add the whole spices and return to the oven for 3 minutes to roast them lightly. Remove from oven and add the tomatoes, an extra sprinkling of salt, the oregano and the sugar. Cover with a well-fitting lid (or foil) and return to the oven, reduce the heat to 180C and cook for 1 hour.
  2. Remove from oven, baste well with sauce and re-cover. Return to oven and reduce the heat to 160C, cook for a further hour. Remove, baste again and add the lemon slices and beans and re-cover. Return to oven, reduce heat to 150C and cook for 30 minutes.
  3. Remove again and check the liquid; if it seems a little dry, add half a cup of water but otherwise just baste and return to the oven for 30 minutes. Serve with rice or couscous.

私のアレンジした料理方法
ニンニク、エシャレット、タマネギをタジンに敷いて、塩こしょうしたラムをその上に置いて、220度で予熱したオーブンに入れ、蓋をせずに30分。ラムは塊だったので切りましたが、切らなくても良かったかも。
様子見て若干短めの25分で切り上げ、クミンシード、フェネルシード、コリアンダーシードを振って3分。

いったん取り出してから、トマト、塩少々、砂糖少々、そしてミックスハーブを振ってタジンの蓋をして180度のオーブンに入れて40分くらい。

ぐつぐつと良い感じになっているのでオーブンから取り出して、肉の味を見ます。写真がこの状態でインゲンを投入したところ。
FTのタジンレシピ
味付けOKだったので、かき混ぜて、インゲンとレモンスライスを入れて20分くらい160度で。
その後はオーブン内に放置して先に出した料理が片付いたところで出しました。

友人夫婦とともに4人でぺろりといただきました。
ラムにトマトの味がしみこみ、クミン、フェネル、コリアンダーと言ったスパイスが良い感じでお酒も進みます。

普段、タジン料理は、ジャガイモ、にんじん、ゴボウ、レンコンといった根菜類を中心に、タマネギ、ブロッコリー、そしてニンニクと味付け用のベーコンを大量に入れて弱火で40分くらい放置して、ベーコンの味がしみこんだ野菜をいただくというレシピでやっていたのですが、たまにはこういうのも良いかと。時間と手間がかかりますが。。





タグ:ラム タジン

2016年01月23日

食洗機と専用洗剤の相性

取り付けて4ヶ月ほどたった我が家の食洗機(リンナイ RKW-404C)、先週末に本体下部から泡が漏れてくるという不具合でエラーが出て使えなくなり、リンナイのサービスを呼んで点検してもらいました。
点検の結果、本体の水漏れ、据え付け工事に起因する水漏れ等はなく、原因は泡が立ちすぎてその泡がセンサーの上を越えて漏れてくると。
食洗機専用と謳われているライオンの食洗機専用洗剤の「チャーミー・クリスタ」を使っていたのですが、点検時これを使うと泡が立ちすぎて漏れてきました。一方、食洗機に試供品として付属していたフィニッシュシリーズを使ったところ全く問題なしと。ということで、フィニッシュの利用を勧められて一件落着(ただ、クリスタも「チャーミー・シリーズ」としてリンナイの指定品の一つではあるのだが。。)

調べてみると、クリスタは界面活性剤の含有率が5%と高く、リンナイの指定製品の中でも最も高い。
ウエブサイトやパッケージを見る限り、以下のとおりでした。
花王(キュキュット クエン酸効果):3%
レキットベンキーザー・ジャパン フィニッシュシリーズ:1%
ライオン(チャーミー・クリスタ):5%
P&G ジョイシリーズ:不明
サラヤ エコウォッシュシリーズ:廃番なのかメーカーサイトにも見当たらず

界面活性剤の含有率が問題なのかどうかは検証必要ですが、一つの目安にしても良いかと。

たまたま近所のシマホにあった「クリスタ」を4ヶ月間何も問題なく使ってきたのですが、先週突然発生したこの問題もあり、以後はフィニッシュを買うこととします。問題はフィニッシュシリーズを置いている店が少ないことで、拙宅近隣のドラッグストア3軒中、おいてあるのは1軒のみで、店頭のシェアはクリスタとキュキュットが強いです。




続きを読む

2004年04月25日

創作料理もいろいろ

友人と恵比寿のリコスキッチンでブランチ。この時期ならではの山菜なども取り入れた季節の素材が活かされた料理で、テーブルにナイフ、フォークと共にお箸もあり、和食をフレンチレストランの雰囲気でいただいている感覚かな?。昼間から飲むスパークリングワインも料理にあい、久々の友人との会話も弾み、食後は気持ちよい日差しの中を白金までお散歩して帰りました。

だしづくり

行きつけ(というほどでもないが)の日本料理屋のオーナーからだしの作り方を教わってから、土日は平日に作るみそ汁のだし作りなんて言うことにこだわってます。煮干しと昆布でだしを取り、製氷皿につっこんで凍らせ、使いたいときに鍋に入れる。適切なだしの濃さをみつけるのはこれまた難しい。また、この時期大好きな筍がおいしいですが、筍は鰹だしで煮物にして酒のつまみにしています。
ちなみに、だしをとった後の煮干し、昆布、鰹節は酢醤油であえて酒のつまみに変身です(笑)。