2017年05月11日

予定通り1年で壊れたUP by Jawbone:活動量計4つめ

昨年書いたこの記事で予想していましたが、Up by Jawboneは1年後、充電や同期がおかしくなり、その数日後見事に使えなくなりました。

Fuelband、Misfit Shine、そしてUP by Jawboneと壊れるたびに買い換えてみましたがそれぞれ寿命としては1年ちょっと。活動量計は消耗品と考え、新規性を話題にしたい人以外はたたき売りされている旧モデルを買うのが賢明かと思います。

じゃあ、買わなきゃ良いじゃん、という考えもありますが、この手の機材は一度使い始めると抜けられなくなる性分なので(笑)、またしてもアマゾンでたたき売りされていた同じUP by Jawboneの黒を購入。今回はMサイズがたたき売りされていなかったのでやむを得ずLサイズを購入。




4年放置されていたと思われるだけあって、電池がへたっているのか電池消耗が激しく2−3日に一度充電が必要なペースであること、これまでMサイズを利用していた私には少々大きく、激しい動きをするときには所在が少々気になります。ま、2,000円台で購入できたので文句は言わず、いつまで持つか生暖かく見つめて報告したいと思います。1年後は何を使っているのでしょうかね。


新旧のUpサイズ比較
IMG_0556.JPG




タグ:UP by Jawbone
posted by K's at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2017年03月31日

都度利用で使えるスポーツクラブを探して

週に一度くらいのペースでスポーツクラブに通っているが毎週行ける月が必ずしもあるわけではないため、基本的には会員にならず勤務先の法人会員制度の都度利用で通っていた。ただし、勤務先の制度が不安定で今通っているクラブを利用し続けられるか不安があり、転職する可能性も考えると法人契約に頼らず都度利用ができる施設・方法を探した備忘録として。情報は2017年4月時点のもの。

1)現在住んでいるマンション(賃貸)管理会社が提供しているサービスを使う
えらべるクラブ」というサービスが私の住んでいるマンションでは住民に提供されている。そこにスポーツクラブのメニューもあり、セントラルスポーツ、ゴールドジム、スポーツクラブNAS、メガロスなどが利用可能。
 セントラルスポーツの場合は専用サイトから利用券(毎年4月から翌年3月末まで有効)を1,620円(税、送料込)で購入し、施設で利用する都度料金を払う。今まで勤務先の同様の利用券を使ってきたので、このマンションに住んでいる限りこれを使えばこれまで通っていたところにも続けていけるのでまずはこれを第1候補としようとしたが、利用券は1枚1,620円、さらに施設で払う利用料(ゴールドジムイースト東京では1,080円)がかかり、結局ゴールドジムのビジター利用(2,700円)と料金変わらない結果となり、ゴールドジムを使うならもう一つあるゴールドジムの都度利用メニュー(1回1,972円)が選択肢となる。

2)セゾンカードアメックスゴールドに入る
カードの年会費1万円(税別)かかるが、コナミスポーツクラブを法人料金で利用できる。都度会員の利用料は都心部や郊外の大規模施設の多くが当てはまるカテゴリーIII、IVで税込1回1,836円または2,160円と通常の都度会員より若干安い(都度会員同様初回のみ会員発行手数料税別1,000円必要)。
また、コナミスポーツクラブ以外にもゴールドジムなどの提携施設を利用することもできる。コナミスポーツの情報ダイヤルで確認したところ、ゴールドジムは「気軽に都度利用(A)」の料金で都度利用可能とのことで、たとえばイースト東京であれば税込1,836円で利用可能。ゴールドカードの付帯サービスも使えること考えるといいかもしれない。

3)クラブのビジター(有料)または無料体験券を使う
ビジターあるいは都度会員制度があるクラブも探せばあるが、全国展開しているのだとゴールドジムやコナミスポーツクラブくらい
・ゴールドジム 1回5時間までの利用で2,500円(税別、イースト東京の場合。場所により違いがある模様)
コナミスポーツクラブ カテゴリーIII、IVの施設で1回2,160円〜2,376円(税込)、初回のみ会員発行手数料税別1,000円必要
探せばそのほかにもあるのだろうが。
 ゴールドジムはこちらの方法で入会資料を請求すると無料体験券を入手可能とのこと。
 ゴールドジムやコナミスポーツクラブでは月4回会員もあるので平均して月3日は行くのであれば、月4回利用会員のほうが都度利用よりメリットがあるかもしれません。

法人契約がいいのは、会社によっては社員の健康増進のために利用料に補助をつけるため、都度支払う料金が安くなることもあること。以前の勤務先では健保組合が提供するセントラルの法人契約サービスを使っていたのだが、健保組合から半額補助が出て1,500円の施設で本人負担は750円(税別)だったので、暇なときは普通の会員以上のペースで通っていたこともありました。





posted by K's at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2016年05月16日

活動量計3つめ:今度はどのくらい使えるか

NikeのFuelband、MisfitのShineと活動量計を使ってきました。最近Shineが壊れ、活動量計は1年程度で壊れることを前提にあえて古い機種のJawboneのUpを買いました。

2013年に買ったFuelbandは1年で同期ができなくなり、その半年後に充電ができず使えなくなりました。その後継に2014年10月に購入したのはShine。これは半年後に紛失し、気に入っていたのですぐ別のを購入するもまもなく同期ができなくなり新品交換、そしてそれから1年後には4−6ヶ月持つ電池が数日しか持たなくなり、週に2−3回電池を交換する羽目になりここまでくるともう使えないと判断。

2台活動量計を使ってみて両方とも1年ちょっとで機能しなくなり、FuelbandもShineも値段的には1万ちょっとなので一月あたり1000円かかること考えると経済性も今ひとつだなと考え、3台目の活動量計はFuelbandと同じ頃に発売されたUp by Jawboneが在庫処分なのかアマゾンで2480円で投げ売りされているのを見つけ、1年で壊れても1月あたり200円なら気にならないという判断で購入。

長期在庫品だからなのか満充電で10日持つはずが1日使ったら2%しかないというスタートでしたが、何度か放電と充電をするうちに生き返ってきたようです。また、FuelbandやShineにはなかった「動いてないからちょっと動け」アラート(設定した時間の間に動きがないとUpがぶるっと軽く震えて「なんか動けよ」と促す機能がある)が机に座ったままの作業が多い自分にとってはいい目安になり、値段も値段なので目をつぶって使ってみようと思います。さて、今回はどのくらい使えるかな。。

ShineとUp by Jawbone





posted by K's at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2005年02月22日

一病息災というが

発症後3週間、バレンタインデーにK大学病院でFAG検査(蛍光眼底造影検査)といった精密検査等を受け、経過観察中。最初の検査と今回のFAG検査とで、眼底部の状況は確認され、また、症状的には快方に向かいつつあると言うことは確認できているものの、眼底出血を引き起こした原因は依然不明。
 酒は少量であれば飲んで良いとの許可がおり、先日3週間ぶりに飲んでみたが、体の中にいつ爆発するのかわからない時限爆弾を抱えているような状態では味わえる気分にはなれない。運動は引き続き禁止なので運動不足解消に通勤時は一駅前で降りて歩く生活。
 酒を飲みたいと思うときは代わりにお茶を飲む(カフェインも控えろ、とのことなのでコーヒーも1日2杯までと自主規制中)。飲み(いや、食事に、と言うべき)ではたいていウーロン茶になるのでウーロン茶以外を探して飲む日々。ノンアルコールの選択肢がいかに少ないか、ということを思い知る。
 友人からは「一病息災」という言葉もあるではないか、と励まされ(?)、この際と思って生活習慣改善中。たとえば飲み過ぎて自宅にたどり着いたものの、ある時点からの記憶がすっぽり抜けているようなことはもうないし、夜の時間が比較的自由になったので、本がゆっくり読めるようになったのは良いことかもしれぬ。ホワイトデーはまたK大学病院で経過観察である。
posted by K's at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2005年01月26日

体の中に起こりつつある異常な現象?

風邪が治らん治らん、と別の日に書いておりましたが、どうもこの数ヶ月で体の中に何らかの異常が起こっているもよう.....「眼底出血」が判明.......。

日曜日の深夜、目に何か走ったような感じがして気がついたら、右目に「ゴミ」みたいなものが.....。目をこすっても取れないし目を洗面所で洗っても取れず、よく見ると目玉が動くのに連動してそのゴミも動く....。こりゃ眼球内に何か良からぬことが起こっているなと判断し翌日10ん年ぶりに眼科へ。

視力、眼圧、視野の検査そして眼底写真とこなし、眼底写真で眼底出血と判明。幸いにも出血場所が視力に致命的な影響を与えるところからは数ミリずれていたようで、今のところ視力には影響はなし。
ただ、眼底出血は高齢者、長年糖尿病や高血圧を煩っている人によく起こる病気で、よわい3x歳、そのような気もなく平常な血圧でもある、という状況から内科的に何か問題がないかをまず内科医で検査し、問題の有無を確認した上で治療法を決めるということに。根本をきちんと把握しよう、ってことですね。

右目の右上に陰がよぎり、目玉と連動して動く状態で、まるでピンぼけのヘッドマウントディスプレイをつけているような感じ。止血剤を処方され、当面、飲酒と激しい運動は御法度です。止血剤が効いているのか、発症時点よりは陰も少し薄くなったような気がしますが、目は情報の9割くらいが入ってくると言われる大事な感覚器官なのできちんと治療します。
こんなの書いている暇あったらさっさと寝なさい、って感じですね。
posted by K's at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康