2022年05月12日

A5カブリオレ売却時の記録と7年間の維持費用


2015年10月に4年落ちで購入したA5カブリオレ、私の環境変化もあり、自動車税やまもなく到来する車検のタイミングも考え、2022年3月に売却しました。
売却は一括査定申し込みサイトから申し込み、当日は6社にお越しいただき、最後は名刺の裏に各社の査定価格を記入いただいて一番高いところと契約する形で行いました。

IMG_1646.jpg

 所有していた約7年、5万キロ走った維持費(駐車場、税金、保険、点検修理、ガソリン)は約450万円。このうち半分以上が駐車場で、車検など点検や修理費用が約1/4、ガソリン代が15%位でした。前に乗っていたTTロードスター同様、都内では駐車場代が維持費の中で最も高いものとなりました。
 一括査定サイトから申し込んだ複数社による売却体験を以下にまとめました。

売却申し込みは一括査定サイトから

売却申し込みは一括査定サイトから
まずは一括査定サイトに申し込み。今回はなびくるを使いました。ただし、このやり方で面倒なのは申し込んだ直後に買い取り業者からひっきりなしに掛かってくる電話に忙殺されること。。
 申し込むと、1分もたたないうちに買い取り業者から電話が掛かってきます。申し込む前に査定希望日時は決めておき、また申し込み時は何本も掛かってくる電話に対応するための時間と場所を確保しておくべき。また会社名のメモも忘れずに。電話での査定日時決定後、追ってメールで確認を入れてくれるところもありますがすべての会社が対応している訳ではないので。
 電話が来たら、査定希望日時を伝え、その日時に来て欲しいこと、複数社との競合査定で一番高いところに売却することを伝え、自動車税についての確認をしました。1社に対応中にも着信が続き、電話は1件終わるとすぐ次の電話、という感じで各社からの電話を受けたらあっという間に1時間たっていました。また、たまたま私は査定希望日が平日(水曜日)だったのですが、水曜日を休みにしている会社もあるので、より多くの会社に査定して欲しいなら水曜日は避けた方が良いかもしれません。

査定の準備と当日

査定の準備と当日
車は買い取り業者決定後、即引き渡す前提でしたので、トランクや車内に置いていたものは前日までに片付け、カーナビの履歴やメモリー、音楽ファイル、ドライブレコーダの記録等を初期化しました。数日前の雨天時に運転していてそこそこホコリは落ちていたので洗車はしませんでした。
 キーはスペアを含め本数を確認されるのですべて用意し、整備記録や車検証を入れたフォルダ、取扱説明書とともに車内において査定される方が確認できるようにしておきました。なおA5の場合リモコンキーが3つにプラスチックのダミーキーが1つあります。
 指定時間に駐車場前で待っていると担当の方がお集まりいただいたので、5分ほど待って2社がそろったところで開始し、以後来訪された会社にも随時加わっていただき査定してもらいました。修理歴やトラブル歴は開始前にお知らせしました。私の場合、フロントガラスのひびで交換したこと、リアウィンドウのシール修理を行ったことを伝えました。
 各社とも査定担当が車を確認し、状況をセンターで判断して査定価格を決めているようで、また、査定担当者の到着タイミングやセンター側の対応待ち時間などもバラバラであったため、査定を開始してから最後の会社が買い取り価格提示準備ができるまで1時間程度かかりました。
 1社「どのくらいの価格で売りたいか、この金額なら売らないというような目線はあるのか」みたいなのを聞いてきたところがありましたが、こちらは即売却しようとして依頼をしているので「本日一番高い査定いただいたところに売却します」と答える...。実際心が揺らいでいたり、査定価格が思っていた以上に安いと心変わりする方もいらっしゃるのかもしれません。ちなみにラジオのCMで名前を連呼してるその会社、その質問の後に「本日査定価格を出せる担当がおりません」という意味不明の言い訳で当日査定担当者がお越しになったにもかかわらず撤退されました。また、査定に来るとの電話があったのに来なかった会社が1社ありました。
 当日来訪いただき、撤退された1社を除いた5社の結果が出たところで、査定価格を裏面に書き込んでいただいた名刺を頂戴します。そして皆さんの前で名刺を裏返し、各社の査定価格をお越しいただいた査定担当の方全員と確認、最も高い価格を出した会社と契約です。

買い取り契約、買い取り代金受け取り、車引渡

買い取り契約、買い取り代金受け取り、車引渡
今回最高額で査定いただいた会社は、車引き取るときに契約、買い取り代金支払い、その後車を引き取りとのことだったので、先方の都合等もあり査定翌日に契約、入金、引き取りとしました。当日はマンションのロビーで契約書や譲渡に必要な書類に捺印し、印鑑証明を渡し、その後担当者が会社とやりとりして私の口座へ入金手続き。当方はスマホで入金を確認後、駐車場で車を引き渡して7年過ごしたA5カブリオレとさよならしました。
 このあたりの流れは会社によって違うようで、ほとんどの会社は査定日に契約→後日、車引き取り→数日〜1週間位で入金となるようです。7年前TTロードスターを売却したときは、契約は査定当日、車引き取りは翌日、入金は引き取り1週間後くらいだったと記憶しています。

自動車税について

自動車税について
自動車税は3月末時点の所有者に課税されます。契約して車を引き渡したものの、買い取り業者の都合等で3月末までに名義変更ができなかった場合、保有してない自動車の税金を払うのは合理性全くないので電話をいただいた際に各社に確認しました。
 各社とも、3月末までに名義変更するように努力するも、3月末までに名義変更が完了せず、私宛に自動車税納付書が届いてしまった場合は、納付書を転送してもらえれば代行納付するとのこと。実際、買い取った会社も名義変更が3月末に間に合わなかったようでGW中に納付書が届いたので、買い取りいただいた会社に転送しました。この点は買い取り会社のサイトを探してみてもはっきりとした情報は掲載されていなかったので、3月末に近いタイミングで売却を考えているときは査定前に確認しておくべきかと思います。

一括査定サイトへのフィードバック

一括査定サイトへのフィードバック
一括査定サイトからアンケートが届いていたので、申し込み直後の電話を無しにできるよう、査定希望日時が決まっているなら日時と車の詳細を入力し、査定日時も含めた査定申し込みが電話無しで完了するようにして欲しいとフィードバックしておきましたが、反映されることやら。。。

売っちゃいましたが、状況変わったらまた車は欲しい。EVだSDGsだと言ってる時代に逆行する大排気量の、もちろんオープンで。。。

posted by K's at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 車:Audi A5 Cabriolet

2022年03月02日

A5カブリオレ:この1年はオイル消費量が多い

本日エンジンオイル量の警告灯が点灯。

昨年夏から父の件もあり実家との往復等が増えて走行距離が伸びていることと、昨年は1年点検をせず、オイルは減ったら補充で乗り切ることにしたこともあり、昨年夏のドライブ中に警告がでて1L補充。以後3,500キロ程度走行すると警告が出るようになり、本日で3回目。3,500キロあたり1L消費なのでメーカー的には仕様の範囲内なのでしょうけど。

1年点検と車検時にオイル交換をしていた頃は点検前になるとオイル量がMIN位置になる程度でしたが、1年ごとに交換しないとオイルの劣化もあるのか、こんな感じでオイル消費が続くこともあるのかと。

最初の補充はトランクに常備していた純正オイルで行い、以後2回の補充は警告灯点灯都度、値段に誘われて(笑)化学合成油で純正と同じ0W-30規格のTAKUMI HYBRIDシリーズを利用しています。エンジンのフィーリングの違いなどはそこまでドライバビリティのセンスがあるオーナーではないのでわかりません。。。
posted by K's at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 車:Audi A5 Cabriolet

2021年09月16日

5年経過したLe Mans 4のロードノイズが大きくなり耳障りに

2016年3月に静音性が売り物のダンロップのLe Mans 4 LM704に交換したA5カブリオレ、交換して約5年、4万キロほど走行していますがこの数ヶ月ゴロゴロというロードノイズが耳障りになるようなりました。屋内駐車場保管であるものの、5年もたつとゴムも劣化するようで、溝は十分残っているもののそろそろ交換タイミングかもしれません。諸々事情でこの1-2ヶ月で車を手放す可能性もありますが、手放さずに持ち続けられるようなれば、今後晩秋や春先の能登にも足を伸ばせるよう、ミシュランのCROSSCLIMATEにしようと思っています。

posted by K's at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 車:Audi A5 Cabriolet

2021年05月09日

A5カブリオレ - CARISTAでDIYコーディング

adapter_360.png
 車の設定をいじれるコーディングと言われること、今まではその手のショップにお願いしてやるしかなかったのですが、CARISTAというOBD2端子に差し込んでスマホで車の設定をいじれるOBD2アダプタの存在を知り、私のA5にも対応していることと、やりたい変更ができることを確認し、アマゾンのギフト券もたまっていたのでポチッとしてみました。ただし、アダプタを買っただけでは基本的な情報が読み込めるだけで、コーディングをするには1ヶ月、3ヶ月、1年のいずれかの有償サブスク契約をする必要があります。1年サブスクは1ヶ月無償トライアルが付いているので、運転席ハンドル下にあるOBD2端子に届いたCARISTAを差し込み、アプリを起動してまず1年サブスクをApp Store内で申し込み、早速やりたい設定の変更を実施。
IMG_1704.jpg
 CARISTAアダプタを取り付けた状態。アダプタはイグニッションOFF時にもOBDから通電されて電源消費をするのでコーディング終わったら外すのを忘れずに。

なお、CARISTAアプリを使ったコーディングは、サブスク契約の有無をアプリ側で持っているのか、サブスク契約があれば、ネットワークは利用しない模様でキャリアの電波、WiFiとも圏外の地下駐車場でも実行できました。

私がやったコーディングは以下。コーディングを有効化しても別途MMI設定や動作時のスイッチ切り替えなどを行わないと有効にできない機能もあります。

・シートメモリー機能
 以前にも書いたのですがA5はクラス的にメルセデスのEやBMWの5と同程度なのですがそれらに比べ装備がしょぼく、運転席ドアパネルのボタンでできるシートメモリーはS5にしか設定がなく、また、キー毎にシート位置のメモリーができる機能があることが取扱説明書にも記載があるものの、納車時点では何らかの理由で機能が無効になっています。コーディングをすることでこの機能を有効化し、ドアロックに使ったキーにロックしたときのシートポジションを覚え込ませることができます。こちらのブログにも記載あります
 CARISTAアプリで以下の設定をしてから、MMIのCARボタンで「シート調整」を選び「運転席シート」で「リモコンドアロック」を「オン」にすれば本機能が利用可能になります。
IMG_1700_seat.PNG

 この設定はキーごとMMIで行う必要があり、例えばキーAでオンに設定しても、キーBでイグニッションをONにしてMMIをみるとデフォルトでは「オフ」の表示になります。キーBに設定する際には、キーBでイグニッションOn後に、MMIでこの機能をONにして、キーBでもこの機能を有効し、キーBを使ってロックする必要があります。こうすると、ロック時にシートポジションがキーBのものとして記憶されます。この後にキーAでロックを解除するとキーAのシートポジションが呼び出され、シートが動くことが確認できました。なお、この機能を使うときの注意はドアロックを解除するときにキーのUnlockボタンを押して解除する必要があることです。ポケットなどにキーを突っ込んだままドアノブを開いてもだめです。


・バック時に助手席側ドアミラーを下向きにする機能
 これもメルセデスなどには当たり前のように備わっているオプションで、A5も取扱説明書にも記載があるのですが、なぜか納車時には無効になっています。
 CARISTAで以下の設定した後、マニュアルに従い、バックする前に運転席側ドアにあるドアミラーの調整つまみを真ん中の位置から助手席側に動かします。そうするとバックギアに入れたときに助手席側ドアミラーが下向きになり、また、バックギア以外のポジションに戻すと元の位置に戻ります。ただ、元の位置の記憶精度は今ひとつ。なお、調整つまみをこの位置にしたままだと、ドアミラーヒーター機能が効かなくなったりするので注意。
IMG_1699_doormirror.PNG
IMG_1711.jpg

・ヘッドライトウオッシャー停止
 デフォルトではウィンドウオッシャースイッチを2秒以上長押しするとヘッドライトウオッシャーが作動するようになっています。ただ、ボンネットに派手にウオッシャー液が飛び散り、また私のA5は片側のヘッドライトウオッシャーのノズルが変な方向を向いているとの指摘が以前ディーラー点検時にあったため、止めたいと思っていたので機能を無効化しました。これはMMIでの設定は不要。
IMG_1703_washer.PNG

・エンジン始動時のニードルスイープ
 イグニッションON時にメーターの針をMAXまで振り切らせて動作チェックする機能。どうでもいい機能ではあるけど有効化してみた。これもMMIでの設定は不要。
IMG_1701_needle.PNG

・フォグランプのコーナリングライト化
 これはCARISTAのサイトで対応車種をチェックしたときにカスタマイズできることの一覧にあったのでやってみたもの。ヘッドライト点灯中にウィンカーをつけるとつけた側のフォグランプが点灯しコーナリングランプの役割を果たします。これもMMIでの設定は不要。
IMG_1698_corner.PNG

こんな感じでウィンカーをつけた側のフォグランプが点灯します。
corner.gif

・MMI隠しメニュー
 CARとSETUPボタンを押すと緑の隠しメニューが表示されるようにした。両ボタンを6〜10秒程度押したままにすると表示される模様。これもMMIでの設定は不要。


ひとまず1ヶ月の無償トライアル期間中にいろいろ試していったんサブスクは解約し、7月の1年点検にディーラーに出したときにコーディングが元に戻され無効になっていたら1ヶ月サブスクを申し込んで復旧させてみようかと思います。

2021年5月下旬のアップデートでアプリのUIが変更され、この記事に掲載しているスクショとは若干違うUIになりました。また、アプリ右上の共有アイコンからコーディングの設定をまとめてメモアプリなどにコピーできるようになっています。


続きを読む
posted by K's at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 車:Audi A5 Cabriolet

2020年12月01日

A5カブリオレ:リアガラス周囲の剥がれを修理

コロナ禍で車の走行距離も伸びない中、10月に入り、リアガラスの周囲が剥がれて浮き上がってきているのに気がつき、ブログにもメモしておいた修理屋「いー修理」さんのサイトを見たりGoogle先生で検索して対処を検討。接着剤の劣化による剥がれの模様でこのままではいつかリアガラスが落下し、修理金額もかさむと思われることから、早速連絡を取って修理をお願いしました。

修理前の状態:右側
IMG_1595.jpg


修理前の状態:左側
IMG_1596.jpg

修理前の状態:上部右側
IMG_1597.jpg

修理前の状態:車内左側
IMG_1602.jpg

修理までの経緯
メールを出したのが10月中旬、翌日にメールをいただき、入庫できるのが11月末頃になることと、その間の応急処置を指南いただきました。その指示にあったものが、ボール、エアポンプ、防水テープを買って下さいとのこと。早速近所のダイソーでゴムボールとハンドポンプを、近所のホームセンターでダクトテープを購入。
応急処置の内容とは、車内側からボールを使いガラスを支え、外側からはガラスの縁にダクトテープを貼って水の浸入を防ぐとのいうもの。ボールで内側からガラスを支えるというアイディアはなかなかなものと。エアポンプはボールからある程度空気を抜いた状態で車内に設置し、その後エアポンプで空気を入れ、ボールが適切な力でガラスを支えるよう調整します。そして、丁寧にも、内装とゴムボールの間には段ボール等を敷いておくようにとの指示も。これはおそらく内装にボールの色移りなどがないようにするためのものと思います。外からガラスの縁に張るテープは100均のガムテでは耐水性がなく紙製のテープでは後処理が大変とのことで「SEKISUI キミツボウスイテープ #740 50x20 クロ」というのを案内されましたが、近所のホームセンターで同じ製品が見つからず、代わりにアメリカでダクトテープと呼ばれる耐候性のある「アサヒペン パワーテープ」の黒を購入しました。

応急処置に使ったもの
IMG_1599.jpg

ガラスの縁のダクトテープと車内のボール
IMG_1607.jpgIMG_1604.jpg

修理
11月に入り、当初の見込みより早く修理に着手できそうとの連絡をいただき、入庫日を決めていー修理さんに持ち込みました。その場で現状を確認いただき、今剥がれがみられないガラス上部は今回無理に剥がすとかえって悪化する可能性もあるとのことから、現状見て今修理対象外となる可能性があり(ただし、将来剥がれるときはここから剥がれる)、その分修理代は安価になるとの説明をいただき、車を預けました。ガラス周囲すべてを修理した場合は税込み88,000円と部分修理と大きな差が無いので上部も剥がれかけてついでに修理して欲しいくらいと思っていました。
1週間ほどで修理は完了し、元々の接着剤がしっかりと付いているガラス上側以外の左右と下部の接着をやり直し、また、幌の端にはシーリングを充填する修理を実施したとのこと。費用は税込み82,500円でした。修理には1年保証があり、1年内にシーリングが割れたりしてきたら対処しますとのことでした。いー修理さんは各種クレジットカードやPayPay支払いも可能です。

修理後の状態。縁に今までなかった黒いシーリングも充填されています。
IMG_1610.jpg

剥がれの原因
接着剤の劣化ですが、これがどのくらいで起こるかは保管状態次第とのこと。私のA5カブリオレは2011年式なので今年で9年目、私が購入して5年間、駐車場は屋根のある機械式なので、幌の劣化は私が購入するまで屋外に保管されていたりしたことによるものでは推測。というのはA5カブリオレの前に13年乗っていたTTロードスターは新車時からずっと屋根付きの機械式での保管で、幌の劣化のそぶりもなかったので。

コロナ禍で車の走行距離は伸びないものの、「密」や人との接触を避けるために利用頻度は増えており、また、幌を開ければ換気抜群で「三密」とは無縁のこの車。夏の車検ではドラレコも取り付けたことだし、今後もしばらくがんばってもらいましょう。
タグ:Aud A5 Cab
posted by K's at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 車:Audi A5 Cabriolet

2020年07月01日

A5カブリオレ - オイル警告灯点灯でオイル補充

4年落ちの中古を買って今年で5年、初度登録からは9年目となる我がA5カブリオレ、メーター読みが49,000kmを超えたところで初めてオイル警告灯が点灯し、購入直後からトランクに積んでいた1L缶で補充しました。補充はエンジンを止めて5分ほど待った後、エンジン上のフィラーキャップを開けてそこから1L全部を流し込んで終了。

1年前の点検でオイル交換をして貰ったときの走行距離が44,000km位だったので、5,000km走行して1L消費、1,000kmあたりの消費量は200mlとオイル消費問題個体か否かの基準である1,000kmで500ml以上消費には該当しない、正常範囲の消費と思われます。

そして車に積んでいたオイルがなくなったので、購入しようとして気がついたら純正オイルは5W−30、品番504から、0W-30、品番50400になっていました。次回は新車から通算して4度目の車検ですが、その時に1L缶をまた購入してトランクに常備しておくこととします。

7月に迎えるであろう5万キロ、初度登録から9年目となる4度目の車検では、交換推奨時期(6年または6万キロ)を過ぎているスパークプラグを交換予定ですが、同じタイミングで交換推奨されているDSGオイルをどうするかが悩ましい。。

将来もしDSGが壊れた場合で、まだこれを乗り続けようという強い意志が残っていたときにはここで直して貰おうと思うので備忘としてリンクを作っておく。
うしぶせ自動車(静岡県沼津市)
posted by K's at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 車:Audi A5 Cabriolet

2018年10月15日

通販型自動車保険の選択に悩んだときの材料として

イーデザイン損保をしばらく使っていたのですが、無事故続いているのに保険料が上がってきたので他社への乗り換えを検討。

JDパワーの「2018年自動車保険事故対応満足度調査」が発表されていたのでこれを参考にしました。


タグ:自動車保険
posted by K's at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 車:Audi A5 Cabriolet

2017年11月20日

VAGCATの代わりサイト(欧州車を中心としたパーツ検索)

VW、アウディ車のパーツ番号とイラストが掲載されていて時々重宝していたVAGCATが行方不明になっていましたが、どなたかがこちらのサイトを立ち上げたようなので備忘として。
https://7zap.com/en/

上記サイトに行くと以下のように各社のロゴが並んでいますので、探したいのをクリックします。
7zap1.png

アウディをクリックするとアウディの仕向国、モデル別のリストになります。若干異なるかもしれません。右ハンドルならSouth Africaを見ると良いかもしれません。
7zap2.png


posted by K's at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 車:Audi A5 Cabriolet

2017年07月26日

A5カブリオレ:1年点検ついでにMMIカーナビをアップデート

初度登録から6年目を迎えたA5カブリオレ、アウディ芝浦にて1年点検と同時にナビのアップデート、エアコンフィルター交換、マフラーカッター(スポーツテールパイプフィニッシャー)取り付けを実施。お代は102,145円とちょっとした車検並みに。ナビの更新だけで4万ほどかかっているのでしょうがないかなと。内訳は以下の通り。

1年点検基本料金 33,825円
ナビゲーション地図データ更新工賃 5,184円
マフラーカッター取り付け工賃 2,592円
エアコンフィルター交換工賃 3,888円
ナビゲーションアップデーター 34,560円
エアコンフィルター(フレシャスプラス) 7,884円
*次回はこれでもみながら自力交換やってみるか。
マフラーカッター 14,040円
ダウエルピン(エンジンアンダーカバーのピンが1カ所外れていたため) 172円

純正ナビのアップデート
My Audiが使える世代のMMIであればSDカードにアップロード用データをダウンロードして自力でできるが、私のA5はその一つ前の世代のMMIのため、正規ディーラーで行うしか方法がない。元のナビデータが2010年時点と今回のアップデートの6年前であり、最新ナビを後付けするより遙かに安上がりなので1年点検のついでにお願いした。

IMG_2348.JPG
これはアップデーターのライセンスキー。この中にライセンスキーが書かれている。

2017年版のデータは、有料道路が2016年10月、国道、都道府県道が2016年2月、交通規制データが2015年11月時点のものとのこと。詳細はMMIのSet up > バージョン情報から確認可能です。

マフラーカッター
A5はメルセデスのEクラスやBMWの5シリーズ等、他メーカーのA5同等クラスには標準装備されている装備が省かれてて、例えばパワーシートが付いているのにメモリー機能はSにならないと装備されず、オプションで追加することもできない。マフラーカッターもそのひとつ(マフラーカッターは2017年のフルモデルチェンジで標準装備になった模様)。
素のマフラーだと後ろ姿が今ひとつなのと、洗車の時に不注意でマフラーの縁で手を切ったこともあり、見てくれと安全性を考え、今回の入庫ついでに取り付けてもらった。

IMG_5560.JPG

タカタ製エアバッグ装着車両につきリコール対象なものの、部品が間に合っておらず私の順番はまだ回ってこない。

posted by K's at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 車:Audi A5 Cabriolet

2017年06月26日

A5カブリオレ:バッテリー交換

新車時から装着され6年経過したバッテリーを交換。

交換用のバッテリーはBosch SLX-1Bにして、TTロードスターの時も買ったことがある四国のハクライで購入。送料無料、バッテリー引き取り付きで24,000円。届いたのは韓国工場で製造されたもので、7DR22という刻印がある。勝手な解釈だが2017年22週目(5月下旬頃)製造と思われる。なお、バッテリー引き取りに使う伝票などは外箱側面に貼り付けられているので見落とさないように。
DSCF7041.jpgDSCF7042mik.jpg

交換方法
トランクを開け、スペアタイヤ、プラスチックのカバーとその下の工具が入った発泡スチロールのケースを取り出し、バッテリーが見える状態に。

バッテリー上面の固定金具のボルト4カ所(手前2個、後ろ側2個)をはずし、その後台座のボルト1カ所をはずすとバッテリーが外せます。外す前に右側の排気穴に刺さっている排気ホースを抜きます。ボルトは13mmサイズで、車載工具にこのボルトに対応した工具はないのでバッテリー交換を考えている方はあらかじめ購入を。
batt.png

マイナス、プラス側とターミナルを外して古いバッテリーを取り出す。バッテリーは重量30キロ近くあるので持ち上げるときは要注意。新しいバッテリーを同じ場所に置き、バッテリー右の排気穴に排気ホースをつなぐ。排気穴は左右にあるので、プラス端子のカバーについてるキャップを切り離し、ホースをつながない左側の排気穴を塞ぎます。この段階で一度エンジンがかかるかどうかを確認すると良いと思います。
souchaku.png

ventplug.png

その後、バッテリーを外したときと逆の手段でバッテリーを固定し、工具のケース、カバー、スペアタイヤを元に戻し作業終了。

作業は30分ほどで終了。バッテリー交換後はトリップメーター、日付、時計がリセットされているので現在日時に修正。このA5カブリオレは2010年1月1日0:00にリセットされました。また、車載コンピュータの情報も何らかの変化が起きていると思いますが、すぐに1年点検で入庫するのでそのときに何かあればディーラーが対処してくれるでしょう。

古いバッテリーは交換用のバッテリーが送られてきた箱に入れて梱包し、専用伝票(佐川急便着払い)を貼り付けて佐川区急便に引き取ってもらえば回収作業も終了です。
posted by K's at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 車:Audi A5 Cabriolet